本日のスケジュール メディア情報  Internet 明治安田J1 第23節 大分 vs 鹿島(19:00)DAZN(ダ・ゾーン)
powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合情報 >> 2016Jリーグプレシーズンマッチ 2016 Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ
2016Jリーグプレシーズンマッチ 2016 Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ
2016年02月04日(木)

2016年02月04日(木)  14:03キックオフ  KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場

【入場者数】1,286人 【天候】晴、中風、 気温15.1度、 湿度21.0% 【ピッチ】全面良芝、水含み

【主審】柿沼 亨  【副審】熊谷 幸剛  【副審】越智 新次  【第4の審判員】日高 晴樹 

3

鹿島アントラーズ

  試合終了  
0 0 前半 0 1
0 後半 1

23

ジェフユナイテッド千葉

【得点】
76分 エウトン

【警告・退場】

イエローカード 52分 櫛引 政敏
イエローカード 74分 小笠原 満男
       
0シュート0
0 GK 0
0 CK 0
0 直接FK 0
0 間接FK 0
0 (オフサイド) 0
0 PK 0

【警告・退場】

46分 ジネイ → 高崎 寛之
71分 赤崎 秀平 → 鈴木 優磨
80分 中村 充孝 → 杉本 太郎
【交代】
46分 山本 真希 → 佐藤 勇人
68分 長澤 和輝 → 北爪 健吾
88分 エウトン → 吉田 眞紀人
90分+4 船山 貴之 → 乾 貴哉
91分 小池 純輝 → 井出 遥也
GK 1 櫛引 政敏
DF 22 西 大伍
DF 23 植田 直通
DF 3 昌子 源
DF 16 山本 脩斗
MF 10 柴崎 岳
MF 40 小笠原 満男
MF 25 遠藤 康
MF 13 中村 充孝
FW 18 赤崎 秀平
FW 9 ジネイ
【先発】
GK 23 佐藤 優也
DF 27 阿部 翔平
DF 3 近藤 直也
DF 24 イ ジュヨン
DF 5 多々良 敦斗
MF 10 長澤 和輝
MF 22 アランダ
MF 6 山本 真希
MF 16 小池 純輝
FW 9 エウトン
FW 11 船山 貴之
GK 31 小泉 勇人
DF 5 青木 剛
DF 17 ブエノ
MF 30 大橋 尚志
MF 20 三竿 健斗
MF 26 久保田 和音
MF 32 杉本 太郎
MF 34 鈴木 優磨
FW 15 高崎 寛之
【控え】
GK 21 藤嶋 栄介
DF 28 乾 貴哉
DF 4 北爪 健吾
DF 20 若狭 大志
MF 7 佐藤 勇人
MF 15 富澤 清太郎
MF 14 町田 也真人
MF 8 井出 遥也
FW 18 吉田 眞紀人
監督 石井 正忠
【監督】
監督 関塚 隆
マッチレビュー
2016 Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ ジェフユナイテッド千葉戦

鹿島、1点に泣く。ニューイヤーカップ連覇ならず。



photo



大会2連覇を狙う鹿島は序盤からJ2の千葉を攻め続けたが、ゴールは遠かった。後半、一瞬の隙を突かれてカウンターからの不運な失点を喫し、結局、このゴールを跳ね返すことが出来ずにJ.LEAGUEスカパー!ニューイヤーカップ宮崎ラウンドの連覇は果たせずに終わった。



photo



序盤から引いて守る千葉に対し、鹿島はこの試合で3戦連続先発となる遠藤、中村が攻撃のリズムを組み立てる。中盤では柴崎、小笠原の両大黒柱が素早いチャージで相手にボールを保持することすら許さない。いつでもゴールが入る。そんな雰囲気さえあった前半だった。



photo



photo



photo



しかし、昨年からの課題である決定力が足らない。この日、ツートップを組んだ赤崎、ジネイもいい動きを見せるが得点を奪えず。ほぼ全員が自陣深くから出てこない千葉相手にゴール前まで侵入しながらも時間をかけすぎる場面が多く、完全に崩しきることができなかった。



photo



photo



こうなると流れが相手に行くのが、サッカーの定石だ。後半に入るとカウンター狙いの千葉に徐々にペースを握られる。そして76分、中盤でボールを奪われるとカウンターからアランダにシュートを放たれる。そして前線のエウトンの足に当たり、コールが変わる。これにはアランダのシュートに反応していた櫛引も対応することができず、鹿島は痛恨の失点を喫してしまった。



photo



photo



photo



その後、植田を前線に上げ、鈴木を投入しパワープレーを仕掛けるも鹿島は得点することができない。アディショナルタイムに入り、交代出場の杉本が何度かチャンスを演出するももう一歩が足りなかった。最大のチャンスだった終了間際の攻撃でも、ボールが相手DFの手に当たったが、ハンドの判定とはならない。結局、アントラーズはカウンターからの不運な失点を最後まで返すことができず、0-1と敗北を喫してしまった。



photo



photo



photo



昨年から続く課題がまたしても浮き彫りとなり、大会2連覇を逃したアントラーズ。しかしリーグ開幕までは後2試合プレシーズンマッチがある。この2試合に選手たちがどんな意識を持って臨むか。リーグタイトル奪取を「義務」とする今シーズン、サポーターにも自信を持ってもらえるような形でスタートを切らなければいけない。さあ、ここからだ。



photo



【この試合のトピックス】

・櫛引がアントラーズで初先発を飾る。



監督コメント
[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:石井 正忠


ジェフユナイテッド千葉:関塚 隆


[試合後]
鹿島アントラーズ:石井 正忠
(選手たちに)自分たちからボールを奪いにいこうと話したが、思った以上に出来ていたし、シュートも増やしていこうという話もした。クロスのバリエーションをつけて狙っていこうと言ったが、キャンプであまりやっていなかったし、イメージが出来なかったと思う。シュート練習もあまりやっていないので、そこをしっかりやっていきたい。前からボールを奪いにいくスピードはあったし出来ていたが、ゴール前やペナ付近でのスピードがなかった。クロスを上げる前のスピードやアッタキングサードのでスピードもなかったと思う。色々な形で崩せるようにやっていきたいし、ミドルシュートの練習も行っていきたい。

ジェフユナイテッド千葉:関塚 隆


選手コメント
[試合後]

【植田 直通】
試合には出たかった。櫛引くんとアントラーズで一緒にやるのは、不思議な感じだった。でもチームメイトなのでこれから合わせていきたい。U-23日本代表とやっているサッカーは違うけど、合わせる時間はたくさんある。代表で既に6試合やってコンディションは良いのでポジション争いでも差をつけられればいい。

【櫛引 政敏】
結果は負けてしまったが、チームのコンセプトはある程度、理解できた。細かいところを理解していけば、チームに入っていけると思う。ソガさんとの競争で勉強するところがある。スキルアップして試合に出るチャンスを勝ち取っていければよい。

【山本 脩斗】
相手も同じ条件だけど、中1日は楽ではない。これまでのキャンプとやり方は違うけど、シーズンに入ってみないと良いかどうかはわからない。開幕までに時間はあるので、細かい所を詰めていきたい。

西選手、中村選手のコメントはアントラーズモバイルをご覧ください。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.