powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合情報 >> 2016Jリーグプレシーズンマッチ 2016 Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ
2016Jリーグプレシーズンマッチ 2016 Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ
2016年01月31日(日)

2016年01月31日(日)  14:03キックオフ  KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場

【入場者数】4,285人 【天候】晴、弱風、 気温17.0度、 湿度31.0% 【ピッチ】全面良芝、水含み

【主審】山口 大輔  【副審】白石 隆晃  【副審】原田 大輔  【第4の審判員】黒木 崇 

3

鹿島アントラーズ

  試合終了  
2 1 前半 0 0
1 後半 0

33

アビスパ福岡

4分 垣田 裕暉
68分 昌子 源
【得点】

【警告・退場】

イエローカード 33分 町田 浩樹
       
11シュート7
5 GK 5
8 CK 6
6 直接FK 11
1 間接FK 2
0 (オフサイド) 2
0 PK 0

【警告・退場】

63分 ジネイ → 高崎 寛之
63分 遠藤 康 → 赤崎 秀平
63分 中村 充孝 → 鈴木 優磨
69分 柴崎 岳 → 小笠原 満男
69分 垣田 裕暉 → 山本 脩斗
69分 西 大伍 → 久保田 和音
72分 町田 浩樹 → ブエノ
76分 昌子 源 → 青木 剛
【交代】
46分 中村 北斗 → 下坂 晃城
63分 鈴木 惇 → 末吉 隼也
63分 城後 寿 → 坂田 大輔
72分 ウェリントン → 平井 将生
72分 金森 健志 → 邦本 宜裕
72分 田村 友 → 堤 俊輔
78分 古部 健太 → 阿部 巧
88分 濱田 水輝 → 為田 大貴
GK 21 曽ケ端 準
DF 22 西 大伍
DF 3 昌子 源
DF 28 町田 浩樹
DF 36 田中 稔也
MF 35 平戸 太貴
MF 10 柴崎 岳
MF 25 遠藤 康
MF 13 中村 充孝
FW 37 垣田 裕暉
FW 9 ジネイ
【先発】
GK 1 神山 竜一
DF 26 田村 友
DF 2 濱田 水輝
DF 20 キム ヒョヌン
MF 22 中村 北斗
MF 21 冨安 健洋
MF 33 鈴木 惇
MF 29 古部 健太
MF 10 城後 寿
FW 7 金森 健志
FW 17 ウェリントン
GK 29 川俣 慎一郎
DF 5 青木 剛
DF 17 ブエノ
DF 16 山本 脩斗
MF 26 久保田 和音
MF 40 小笠原 満男
FW 34 鈴木 優磨
FW 18 赤崎 秀平
FW 15 高崎 寛之
【控え】
GK 25 兼田 亜季重
DF 19 堤 俊輔
DF 30 下坂 晃城
DF 3 阿部 巧
MF 15 末吉 隼也
MF 13 為田 大貴
FW 14 平井 将生
FW 27 邦本 宜裕
FW 11 坂田 大輔
監督 石井 正忠
【監督】
監督 井原 正巳
マッチレビュー
2016 Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ アビスパ福岡戦

垣田、昌子のゴールで福岡を2-0と撃破。鹿島、初戦を勝利で飾る。



photo



昨シーズンから新設されたJ.LEAGUEスカパー!ニューイヤーカップの初戦で福岡を2-0と破り、鹿島は2年連続優勝へ向けて幸先のいいスタートを切った。観客数も4,000人を超えるなど、ファン・サポーターの期待が感じ取られる試合となった。



photo



「全員が同じスタートラインに立って、やってもらう」。キャンプイン直後からそう話していた石井監督はその言葉通り、この試合の先発メンバーを昨シーズンのレギュラー組と新加入選手をミックスさせて臨んだ。GKは不動の守護神曽ケ端、右サイドバックはキャプテンマークを巻いた西、そしてセンターバックの右には昌子など昨季と変わらないメンバーを揃えながらも、左サイドバックには田中、昌子の相棒には町田、ボランチの1枚には平戸、そして前線には垣田とユースからの昇格4選手を同時に先発起用した。



photo



photo



そして開始直後の4分、垣田がいきなり結果を出した。相手のクリアボールに詰めて反射的に足を出し、幸運な先制点を得る。これでキャンプ2週間が終わった疲れの目立つ鹿島にとって試合はより楽な展開となった。その後、試合はお互いが警戒し合う、単調な展開が続く。その状況でも鹿島は前線からのプレッシャーで相手に主導権を握らせず、前半45分を終えた。



photo



photo



photo



photo



photo



後半に入り、試合は少し荒れた展開となる。互いにメンバーを大幅に変えながら個々での戦いが目立つ中、鹿島は柴崎がゲームをコントロールしながらリードを保つ。そして68分、相手のパスミスから前線に残っていた昌子が赤崎のアシストを受け、追加点を奪った。



photo



photo



photo



photo



photo



その後、鹿島は福岡にほぼ攻めさせず、2-0と初戦を勝利で終えた。コンビネーションや個々の仕上がり具合と今後の課題も見えたが、このスカパー!ニューイヤーカップは準硬式戦という位置づけなだけに2016シーズンをいい形でスタートできたといえよう。次は2月2日(火)の熊本戦。石井監督がどんなメンバーで臨むかを楽しみに待ちたい。



photo



【この試合のトピックス】

・町田、田中、平戸、垣田のユースからの昇格4選手が同時に先発出場。

・垣田が対外試合で初ゴールを決める。

・入場者数は4,285人とスカパー!ニューイヤーカップ全ラウンドを通じて過去最多。



監督コメント
[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:石井 正忠


アビスパ福岡:井原 正巳


[試合後]
鹿島アントラーズ:石井 正忠


アビスパ福岡:井原 正巳


選手コメント
[試合後]

【ジネイ】
開幕まで時間があるので、それまでにコンディションを上げていければ良い。監督が求めている前からの守備をしっかりできたと思う。それにより相手のビルドアップを遅らせられた。練習でもっと質を上げていければいい。

【垣田裕暉】
ゴール前でボールを奪えればチャンスだと思っていた。ジネイとは練習中にそれほど上手くコミュニケーションを取ることができなかったが、試合の中では上手くできた。

【柴崎岳】
最初の試合としては上手くできたと思う。前からボールを奪うことができた。キャンプは終盤なので、しっかり回復して次に挑みたい。開幕までに5試合あるので、それまでにしっかりチーム戦術を浸透させていきたい。

昌子選手、町田選手のコメントはアントラーズモバイルをご覧ください。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.