powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合情報 >> J1リーグ 第27節
J1リーグ 第27節
2011年09月24日(土)

2011年09月24日(土)  16:04キックオフ  県立カシマサッカースタジアム

【入場者数】25,061人 【天候】晴、弱風、 気温20.9度、 湿度54.0% 【ピッチ】全面良芝、乾燥

【主審】松村 和彦  【副審】宮島 一代  【副審】越智 新次  【第4の審判員】前之園 晴廣 

3

鹿島アントラーズ

  試合終了  
0 0 前半 0 0
0 後半 0

4

浦和レッズ

【得点】

【警告・退場】

イエローカード 83分 タルタ
       
16シュート9
10 GK 12
6 CK 0
16 直接FK 13
2 間接FK 2
1 (オフサイド) 2
0 PK 0

【警告・退場】

イエローカード 6分 エスクデロ セルヒオ
イエローカード 69分 デスポトビッチ
59分 遠藤 康 → 興梠 慎三
74分 西 大伍 → 新井場 徹
81分 大迫 勇也 → タルタ
【交代】
14分 宇賀神 友弥 → 野田 紘史
46分 エスクデロ セルヒオ → デスポトビッチ
71分 山田 直輝 → 梅崎 司
GK 21 曽ヶ端 準
DF 22 西 大伍
DF 3 岩政 大樹
DF 6 中田 浩二
DF 5 アレックス
MF 14 増田 誓志
MF 15 青木 剛
MF 8 野沢 拓也
MF 25 遠藤 康
FW 9 大迫 勇也
FW 11 田代 有三
【先発】
GK 18 加藤 順大
DF 5 高橋 峻希
DF 4 スピラノビッチ
DF 17 永田 充
DF 3 宇賀神 友弥
MF 27 小島 秀仁
MF 8 柏木 陽介
MF 22 山田 直輝
FW 24 原口 元気
FW 10 マルシオ リシャルデス
FW 15 エスクデロ セルヒオ
GK 30 杉山 哲
DF 7 新井場 徹
MF 10 本山 雅志
MF 20 柴崎 岳
MF 40 小笠原 満男
FW 13 興梠 慎三
FW 18 タルタ
【控え】
GK 1 山岸 範宏
DF 2 坪井 慶介
DF 12 野田 紘史
MF 6 山田 暢久
MF 13 鈴木 啓太
FW 7 梅崎 司
FW 31 デスポトビッチ
監督 オズワルド オリヴェイラ
【監督】
監督 ゼリコ・ペトロビッチ
マッチレビュー
J1 第27節 浦和レッズ戦

鹿島、またしてもドロー。シュート16本も1点が取れず。

photo



前節の名古屋戦に続き、終始ゲームの主導権を握りながらゴールを決められずにスコアレスドローに終わった。これで鹿島は9月に入り3試合連続ドローと勝点を伸ばすことなく、順位も6位で5位の仙台にも勝点3差をつけられた。



序盤からボールをキープし、浦和ゴールへ迫る鹿島にとって前半最大のチャンスは、11分。右サイドでボールを受けた遠藤が中央へ切り込んで強烈なミドルシュートを放つ。これは完全に先制点かと思われたがクロスバー直撃の惜しい一撃だった。



その後も大迫、田代がそれぞれチャンスをつかむも、先制点を得ることができずに前半の45分を終えた。



後半に入ってもやはり鹿島のペースは変わらない。45分間で9本ものシュートを放つが69分の田代のヘディングシュートもクロスバー直撃になるなど、是が非でも欲しい1点が取れない。



4分のアディショナルタイムに入ると浦和にボールをキープされる場面も目立ち、結局、20周年記念シリーズ第2戦となる浦和戦はスコアレスドローに終わった。



試合後、「今日は浦和に運があって、我々に運がなかったと思う」とオリヴェイラ監督は語ったが、8月中に見られた決定力が低下していることは明らかだ。次は20周年記念シリーズの最終戦となる柏戦。ホーム3連戦で悔しい思いをしないためにも早くゴールが見たい。


photo photo


photo



photo



photo photo


photo



photo photo


photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



監督コメント
[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ
・チャンスを無駄ないしないため、集中力を高め、単純なミスをおさえていこう。
・五分五分の勝負に勝つことで全体の勝負に勝つことができる。
・強い気持ちをもって、あらゆる局面で相手よりも早く反応しよう。

浦和レッズ:ゼリコ・ペトロビッチ
・不必要に細かいパスをつなぎすぎないこと。そこから奪われて危ないシーンを作られてしまっている。しかし、そこで得点を与えられなかったことは我々にもチャンスがあるということ。
・マイボールの時はいい攻撃ができている。
・相手は比較的ロングボールでの攻撃が多いので、サイドバックの守備のサポートをしっかりすること。

[試合後]
鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ
(今日もチャンスは浦和よりも多くあったが)5年間指揮して、その中でも相手に支配されたような試合は片手で数えられるぐらいしかない。今季も8月は無敗だったし、その後中断をはさんで引き分けが続いている。ただ試合を支配しているという面では全体的に言って相手を上回っているし、チャンスも多かった。浦和はライバル心もあり、色々な意味を持つ相手でもある。だからこそ、タフなゲームが多い。今日は浦和に運があったと言えると思うし、我々に運がなかったと思う。

浦和レッズ:ゼリコ・ペトロビッチ
素晴らしい試合だったし、緊張感があったゲームだった。最初の20分で2回ほどビッグチャンスを与えてしまったがそれを切り抜けた。強い精神力でピンチを切り抜けた。最後の最後まで力を抜かずにこの若いチームが戦ったことを誇りに思う。Jリーグの中でもベストチームの1つとも言っていい鹿島相手に、特にトップレベルのFW3人に点を与えなかったことは素晴らしかった。カシマで勝点を取るのはとても難しいし、先週も名古屋が苦しんだ。ここで勝点を取れたことを素直に嬉しいと思う。選手たちがよくがんばってくれた。


選手コメント
[試合後]

【大迫 勇也】
チャンスは結構あった。前半は蹴り合いでボールが収まらなかったけど、後半はスペースもありボールを多く触れた。後は決めるだけだった。へたくそですね。コンディションは関係ないけど、もう一度調整したい。こういう試合が続いているので、内容は悪くても勝ちたい。

【アレックス】
試合の前に監督からはサイドから攻撃をしろと言われていた。名古屋戦と同じように足りないのは点だけだった。前半にGKと一対一になったシーンは、GKにシュートコースを消されて、打てなかったのでクロスにした。名古屋戦も勝てなかったし、相手も浦和だったから絶対に勝ちたかった。

【青木 剛】
自分たちが攻撃している時の取られ方が悪かったし、後ろのバランスが悪い場面があった。浦和はカウンターを狙っていたので、後半に修正した。浦和の前半は球際も負けてなかったし気持ちも入れてきたので、自分たちも入れ直して対応した。気持は球際で表れると思う。名古屋戦と同じような気持ちで臨んだが、勝つことができなかった。2試合続けて使ってもらえたので、勝つことができれば良かったが引き分けに終わって残念。

※増田選手、曽ヶ端選手のコメントはアントラーズモバイルでご覧ください!

© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.