本日のスケジュール メディア情報  Internet 明治安田J1 第10節 鹿島 vs 神戸(19:00)DAZN(ダ・ゾーン)
powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合情報 >> 2013Jリーグ ディビジョン1 第11節
2013Jリーグ ディビジョン1 第11節
2013年05月11日(土)

2013年05月11日(土)  19:02キックオフ  埼玉スタジアム2002

【入場者数】46,649人 【天候】、     【ピッチ】

【主審】佐藤 隆治  【副審】岡野 宇広  【副審】竹田 明弘  【第4の審判員】荒木 友輔 

3

鹿島アントラーズ

  試合終了  
1 0 前半 0 3
1 後半 3

4

浦和レッズ

63分 野沢 拓也
【得点】
66分 那須 大亮
78分 興梠 慎三
89分 梅崎 司

【警告・退場】

イエローカード 24分 ジュニーニョ
イエローカード 79分 ダヴィ
イエローカード 81分 小笠原 満男
イエローカード 90分 西 大伍
       
0シュート0
0 GK 0
0 CK 0
0 直接FK 0
0 間接FK 0
0 (オフサイド) 0
0 PK 0

【警告・退場】

イエローカード 27分 興梠 慎三
イエローカード 50分 原口 元気
81分 ダヴィ → 中村 充孝
81分 ジュニーニョ → 本山 雅志
【交代】
45分+3 宇賀神 友弥 → 梅崎 司
68分 平川 忠亮 → マルシオ リシャルデス
83分 鈴木 啓太 → 山田 暢久
GK 21 曽ヶ端 準
DF 22 西 大伍 累積イエローカード
DF 3 岩政 大樹 累積イエローカード
DF 5 青木 剛
DF 6 中田 浩二
MF 20 柴崎 岳 累積イエローカード
MF 40 小笠原 満男 累積イエローカード
MF 8 ジュニーニョ
MF 35 野沢 拓也
FW 9 大迫 勇也
FW 11 ダヴィ 累積イエローカード
【先発】
GK 18 加藤 順大
DF 46 森脇 良太 累積イエローカード
DF 4 那須 大亮
DF 5 槙野 智章
MF 14 平川 忠亮
MF 22 阿部 勇樹
MF 13 鈴木 啓太 累積イエローカード
MF 3 宇賀神 友弥 累積イエローカード
MF 8 柏木 陽介
MF 24 原口 元気
FW 30 興梠 慎三
GK 1 佐藤 昭大
DF 4 山村 和也 累積イエローカード
DF 17 前野 貴徳 累積イエローカード
MF 16 本田 拓也
MF 10 本山 雅志
MF 25 遠藤 康
MF 13 中村 充孝
【控え】
GK 1 山岸 範宏
DF 6 山田 暢久
DF 2 坪井 慶介
MF 7 梅崎 司 累積イエローカード
MF 11 関口 訓充
MF 29 矢島 慎也 累積イエローカード
MF 10 マルシオ リシャルデス 累積イエローカード
監督 トニーニョ セレーゾ
【監督】
監督 ペトロヴィッチ
マッチレビュー
J1 第11節 浦和レッズ戦

野沢のビューティフルゴールで先制するも、不可解な判定もあり浦和に逆転負け

photo



公式戦9試合負けなしと好調の鹿島が、J1第11節でアウェイで浦和と対戦した。15日に開幕20周年を迎えることから過去20年間で最多優勝回数を誇る鹿島と最多入場者数を誇る浦和が対した一戦は、「Jリーグ20thアニバーサリーマッチ」と銘打ち開催された。記念の試合で、鹿島は野沢のゴールで先制したが、不可解な判定もあり1-3で敗れて、J1第4節以来となる黒星を喫した。



序盤は一進一退の攻防が繰り広げられ、球際でも激しい競り合いが展開されたが、徐々に鹿島がペースを握る。23分には柴崎の縦パスを大迫がゴール前に落とし、後方から走り込んだ小笠原がシュートを狙ったが、ボールは惜しくもGKの正面を突いてしまう。



攻めの形を作り始めると、32分にはセットプレーからビッグチャンスを迎えた。左サイドでのFKから小笠原がゴール前にボールを送ると、ニアサイドで青木が逸らし、ゴール前に飛び込んだ岩政が右足で決定的なシュートを放つ。ところが、ボールは惜しくも枠の上に外れてしまった。



スコアレスで迎えた後半も鹿島がリズムをつかむと、63分にカウンターから決定機が到来した。右サイドで柴崎のパスを受けた野沢が、ドリブルで中央に切れ込む。相手DFを1人かわして、左足で放たれたコントロールシュートは、美しい弧を描きながら測ったかのようのサイドネットに吸い込まれた。



野沢のビューティフルゴールで先制した鹿島だったが、66分にCKから那須のヘディングシュートで同点ゴールを奪われた。そして79分には、右サイドから梅崎に上げられたクロスを興梠に頭で合わされ、逆転弾を浴びる。興梠はオフサイドポジションに位置していたため、鹿島は審判に抗議を行うが判定は覆らず、逆に小笠原とダヴィが警告を受けてしまった。



不可解な判定もあって試合をひっくり返されたが、ビハインドを負った後も中村と本山を投入して再びゴールを狙い攻め込む。87分には野沢のFKから岩政が決定的なヘディングシュートを放ったが、相手GKに弾き出されてしまい得点ならず。逆に、88分にカウンターを受けると、梅崎に3点目を奪われてしまった。



結果的に2失点目の判定が試合の趨勢を大きく左右した格好になり、悔しさとともに後味の悪さが残ることになった。好調さを思いもよらない形で止められてしまったが、ナビスコカップの敵地での大分戦が中3日で行われる。18日のJ1第12節のホームでの名古屋戦ではクラブの絶対的な存在であるジーコ氏も来日することから、気持ちを切り替え連戦に臨みたい。



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo



photo





【この試合のトピックス】

・Jリーグ20周年記念試合となったこのゲーム、両チームのレジェンドであるアルシンド氏とポンテ氏が招待された。

・ダヴィに警告が出され、これで累積4枚となり次節出場停止。


監督コメント
[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:トニーニョ セレーゾ
・スリッピーなピッチコンディションを考えて、スペースでなく足元に出すように意識しよう。
・この雨を蒸発させるくらいの情熱を見せろ。勝負を楽しめ!
・自分たちのサッカーを信じること。必ず結果が付いてくる。

浦和レッズ:ペトロヴィッチ
・後半も集中して、規律を持って戦うこと。
・前半同様に相手のセットプレーは体をはって集中すること。

[試合後]
鹿島アントラーズ:トニーニョ セレーゾ
・両チームともゴールを目指すサッカーをするということで、Jリーグ20周年記念試合に相応しい内容を見せようとしたのではないか。観に来ていたり、テレビを通して見ている方にとっては、非常に見応えのある試合だったと思う。


浦和レッズ:ペトロヴィッチ
Jリーグ20周年の記念試合で素晴らしい雰囲気を作ってくれたサポーターに感謝したい。そして、両チームが非常に素晴らしいゲームをしてくれたことに感謝したい。今日のゲームはどちらが勝ってもおかしくないような、非常に拮抗した緊迫したゲームだったと思う。我々のチームが少しラッキーで勝利したが、鹿島が勝ってもおかしくないような五分のゲームだったと思う。


選手コメント
[試合後]

【大迫 勇也】
前半から自分たちのサッカーが出来ていたと思う。チャンスで決められなかったのがこの結果となった。(2失点目は)慎三さんが触っていたから、オフサイド。でも、その前に決められる時もあった。失点した時間も悪い。自分自身のチャンスはこれまでの試合と比べたら多かったし、決めるだけというシーンもあった。悔しい。

【岩政 大樹】
今日は気持ちを出して試合に入った。慎三にそれほどボールは入らなかったと。(2失点目は)勝敗にかかわる判定。今日くらいの集中力と運動量があれば、これから勝点を積み上げて行くことが出来る。

青木選手のコメントはアントラーズモバイルをご覧ください。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.