本日のスケジュール メディア情報  Tv ANTLERS REPORT 第58回放送
powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合情報 >> スルガ銀行チャンピオンシップ 2012 IBARAKI
スルガ銀行チャンピオンシップ 2012 IBARAKI
2012年08月01日(水)

2012年08月01日(水)  19:01キックオフ  県立カシマサッカースタジアム

【入場者数】20,021人 【天候】晴、無風、 気温27.8度、 湿度80.0% 【ピッチ】全面良芝、乾燥

【主審】クリストファー ビース  【副審】ポール セトランゴロ  【副審】ネイザン マクドナルド  【第四の審判員】當麻 政明 

3

鹿島アントラーズ

  試合終了  
2 2 前半 1 2
0 後半 1
7 PK 6

Universidad_de_chile

ウニベルシダ・デ・チリ

PK戦の経過 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17
ウニベルシダ ×                    
鹿島                    
18分 岩政 大樹
27分 レナト
【得点】
40分 OWN GOAL
73分 Charles Aranguiz

【警告・退場】

イエローカード 29分 ドゥトラ
       
8シュート17
17 GK 6
6 CK 7
10 直接FK 6
0 間接FK 9
0 (オフサイド) 8
0 PK 1

【警告・退場】

56分 ドゥトラ → 遠藤 康
62分 柴崎 岳 → 青木 剛
69分 大迫 勇也 → ジュニーニョ
73分 レナト → 本山 雅志
【交代】
42分 Ezequiel Videla → Guillermo Andres Marino
54分 Luciano Civelli → Roberto Cereceda
63分 Sebastian Ubilla → Gustavo Lorenzetti
80分 Enzo Gutierrez → Francisco Castro
GK 21 曽ヶ端 準
DF 22 西 大伍
DF 3 岩政 大樹
DF 6 中田 浩二
DF 7 新井場 徹
MF 20 柴崎 岳
MF 40 小笠原 満男
MF 33 レナト
MF 11 ドゥトラ
FW 9 大迫 勇也
FW 13 興梠 慎三
【先発】
GK 25 Johnny Herrera
DF 4 Osvaldo Gonzalez
DF 3 Eugenio Mena
DF 6 Matias Rodriguez
DF 13 Jose Rojas
MF 20 Charles Aranguiz
MF 11 Luciano Civelli
MF 14 Paulo Magalhaes
MF 2 Ezequiel Videla
MF 9 Enzo Gutierrez
FW 19 Sebastian Ubilla
GK 1 佐藤 昭大
MF 10 本山 雅志
MF 15 青木 剛
MF 25 遠藤 康
MF 28 土居 聖真
FW 8 ジュニーニョ
FW 19 岡本 英也
【控え】
GK 12 Paulo Garces
DF 5 Albert Acevedo
DF 21 Eduardo Javier Morante
MF 15 Roberto Cereceda
MF 22 Gustavo Lorenzetti
MF 8 Guillermo Andres Marino
FW 16 Francisco Castro
監督 ジョルジーニョ
【監督】
監督 Jorge Sampaoli
マッチレビュー
スルガ銀行チャンピオンシップ ウニベルシダ・デ・チリ戦

PK戦にもつれこむ激闘! 南米王者を破り、スルガ銀行CS初優勝!

photo


2点先制するも追いつかれるという苦しい展開ながら、鹿島がホームの意地を見せ、PK戦の末、南米代表のウニベルシダ・デ・チリを破り、スルガ銀行チャンピオンシップ初優勝を飾った。またこの試合で初先発となったレナトが鹿島での初ゴールも決め、リーグ戦の巻き返しに向け戦力アップと嬉しい結果となった。

序盤、前線からの激しいプレッシングとオフサイドトラップを多用する攻撃的なウニベルシダに対し、鹿島は興梠、ドゥトラのスピードを生かしカウンターを仕掛ける。そしてその興梠が得たFKから先制点を得る。18分、キッカーの小笠原が鋭いボールをファーサイドに上げると、岩政がゾーンで守るウニベルシダDF陣の綻びをうまく突き、豪快なヘディング弾を決めた。

この先制点で勢いに乗る鹿島はさらに27分、この試合が初先発となったレナトがうまく間合いを取ったドリブルから芸術的なミドルシュートを決める。この追加点でリードを2点とした鹿島はさらにカウンターでウニベルシダのゴールを脅かし続けた。

だがここで畳みかけることのできなかった鹿島は逆に40分、グラウンダーのクロスをクリアしようとした岩政が不運のオウンゴールを献上し、1点差とされる。これで試合の流れは完全にウニベルシダに傾いた。

後半に入ると試合はほぼウニベルシダのペースとなり、鹿島はウニベルシダの波状攻撃に苦しむ。そして73分、興梠のファウルからPKを献上し、これをCharles Aranguizに決められ、ついに2-2とタイスコアとなる。ここからウニベルシダの猛攻に曝されながら鹿島は曽ヶ端の好セーブもあり、何とか2-2のまま、90分を戦い終えた。

大会規定により延長戦なしのPK戦ヘと勝負の舞台は移ったが、先攻のウニベルシダが決めれば、鹿島も負けじとゴールを決め続ける。キッカー全員が決める展開で7人目に突入したが、ついに曽ヶ端がFrancisco Castroのシュートを止め、鹿島が勝利へ近づいた。

そして最後のキッカーとなった西が冷静にゴール左へ蹴り込み、鹿島が7-6でPK戦を制し、"南米のバルサ"と称されるウニベルシダ・デ・チリを破りスルガ銀行チャンピオンシップ初優勝を飾った。試合後、「我々は勝たなければいけなかった」とジョルジーニョ監督が語ったようにホームでの国際大会を制したことは、今後の戦いにつながることだろう。2012年最初のタイトルを獲った鹿島はこれからも戦い続ける。

photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo


photo



監督コメント
[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:ジョルジーニョ


ウニベルシダ・デ・チリ:Jorge Sampaoli


[試合後]
鹿島アントラーズ:ジョルジーニョ
タイトルが獲れて、非常に嬉しい。選手たちにおめでとうと言いたい。またフロントスタッフ、チームスタッフの努力を称えたい。特に分析担当の小杉コーチはチリのクラブを分析するという非常に困難な作業を行い、選手たちが戦いやすい環境を作ってくれた。最後は苦しんだが、いい試合をできたと思う。

これは全員で勝ち取ったタイトルだし、最後の後押しを私が現役の頃から支えてくれるサポーターの皆さんが行ってくれた。大きな感謝の気持ちを示したい。

対戦相手のウニベルシダ・デ・チリはコパ・リベルタドーレスでもベスト4のチームだがら、強いのは知っていた。ただ我々の力をあまり知らなかったのかも知れないし、序盤はいい形で点を取ることができた。前半で試合を決めることもできたと思う。

ずっと連戦で90分フル出場している選手も小笠原や大迫をはじめ、多くいる。次の試合のことも考えなければいけないし、例えば、大迫の代わりに入ったジュニーニョも調子はいい。今日は特に相手が前がかりで来たので、裏のスペースを利用して彼のスピードを生かそうと思った。私は次の試合のことも考えてマネージメントしなければいけない。

若い選手もベンチにいたし交代枠も6人まであったので、若い選手に経験させる手もあったかも知れない。しかし私は時間配分やPK戦のことも考えて、勝負に徹した。この試合はホームで開催される大事な国際大会であり、我々は勝たなければいけなかった。

(初先発の)レナトは非常に良かった。45分で終わるかと思ったがかなり動けていた。チームの創造性が彼の加入により広がったし、守備の面でもチームのやり方に慣れてきた。これからコンディションも上がり、もっと良くなるし、チーム内での競争も激しくなるので、いいことだと思う。

ウニベルシダ・デ・チリ:Jorge Sampaoli
激しい試合だったし、最初の20分は特に苦労した。先制され苦しかったがその後はコントロールできた。後半はこちらのゲーム。しかし不運にもPK戦で負けた。ただ、失点の場面は相手の個人的な力が大きかったので、チームとしては良く戦ったと思う。(多くのチャンスがあったが)サッカーではゲームを支配していても、こういう国際大会では最後の場面で選手たちに大きなプレッシャーがかかる。そういうこともあったのではないかと思う。鹿島はカウンターが鋭く素晴らしいチームだった。

選手コメント
[試合後]

【岩政 大樹】
苦しい試合だったので勝てて良かった。(得点シーンは)事前のスカウティング通りで、そこに満男さんが良いボールを蹴ってくれた。相手がいいチームなので苦しい試合になるということは予想していたが、予想以上だった。サッカーは11人でやるスポーツなので、リスクを冒せば空くところは出て来る。サッカーの手応えは悪いと思っていない。

【西 大伍】
(PKは)ソガさんが止めていたので安心して蹴れた。後半は相手が走ってきたので、行ったり来たりの場面が多くきつかった。最初はスペースがあったので、もっとイケるイケると思ったけど、上手く修正してきた。右サイドで相手が数的有利となる場面が多かったが、他の人が良く守ってくれた。

【本山 雅志】
もっとパスを通さないとプレーは駄目だね。取られ方が悪い。でも優勝出来て良かった。

【大迫 勇也】
勝ったけど、2-0になってから気が抜けたみたいな感じになった。前半は良かったが後半は相手が前に出て来て上手くいかなくなった。今日は結果だけ。勝てたことをみんなに感謝したい。

【柴崎 岳】
国際大会を経験出来たことは非常に良かった。相手はいい選手が揃っていた。Jリーグでは経験出来なかったことが今日は出来たと思う。

【新井場 徹】
しんどい試合だった。いい流れでJリーグに入れる。PKは運だけ。

【遠藤 康】
今日は途中交代なのにきつかった。勝っていたので前でキープという指示だった。プレーに少し迷いがあって上手くいかなかった。

曽ヶ端選手と小笠原選手のコメントはアントラーズモバイルをご覧ください。
Copyright © 1992-2013 Kashima Antlers FC / So-net Corporation All Right Reserved.