powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合情報 >> J1リーグ 第1節
J1リーグ 第1節
2010年03月06日(土)

2010年03月06日(土)  16:04キックオフ  県立カシマサッカースタジアム

【入場者数】35,251人 【天候】雨、 気温10.6度、 湿度79.0% 【ピッチ】水含み

【主審】吉田 寿光  【副審】大塚 晴弘  【副審】大川 直也  【第4の審判員】宮島 一代 

3

鹿島アントラーズ

  試合終了  
2 1 前半 0 0
1 後半 0

4

浦和レッズ

5分 興梠 慎三
86分 マルキーニョス
【得点】

【警告・退場】

イエローカード 18分 中田 浩二
イエローカード 39分 内田 篤人
       
18シュート10
9 GK 11
2 CK 6
19 直接FK 17
1 間接FK 4
1 (オフサイド) 4
0 PK 0

【警告・退場】

イエローカード 51分 エスクデロ セルヒオ
イエローカード 59分 柏木 陽介
イエローカード 65分 細貝 萌
79分 フェリペ ガブリエル  → 遠藤 康
88分 新井場 徹 → ジウトン
90分 マルキーニョス  → 大迫 勇也
【交代】
68分 細貝 萌 → 田中 達也
83分 坪井 慶介 → 原口 元気
GK 21 曽ヶ端 準
DF 2 内田 篤人
DF 3 岩政 大樹
DF 19 伊野波 雅彦
DF 7 新井場 徹
MF 40 小笠原 満男
MF 6 中田 浩二
MF 8 野沢 拓也
MF 11 フェリペ ガブリエル
FW 13 興梠 慎三
FW 18 マルキーニョス
【先発】
GK 1 山岸 範宏
DF 14 平川 忠亮
DF 6 山田 暢久
DF 2 坪井 慶介
DF 3 宇賀神 友弥
MF 22 阿部 勇樹
MF 3 細貝 萌
MF 10 ポンテ
MF 15 エスクデロ セルヒオ
MF 8 柏木 陽介
FW 9 エジミウソン
GK 30 杉山 哲
DF 4 大岩 剛
DF 5 ジウトン
MF 15 青木 剛
MF 25 遠藤 康
FW 9 大迫 勇也
FW 17 佐々木 竜太
【控え】
GK 18 加藤 順大
DF 20 堀之内 聖
DF 28 岡本 拓也
MF 13 鈴木 啓太
FW 11 田中 達也
FW 19 高原 直泰
FW 24 原口 元気
監督 オズワルド オリヴェイラ
【監督】
監督  
マッチレビュー
J1 第1節 浦和レッズ戦

興梠、マルキーニョスがアベックゴール! J開幕戦で浦和に2-0と快勝!
 
photo
 
鹿島が昨年同様、浦和から2ゴールを奪い、リーグ開幕戦を飾った。開始僅か5分で興梠が鮮やかな先制点を奪うと、終了間際の86分には交代で入った遠藤からの絶妙なクロスをマルキーニョスが見事なヘディングシュート。先発したFW2人が得点するという理想的な形で鹿島は最高の開幕スタートを切った。
 
photo   photo
 
photo
 
序盤、小笠原と興梠の高い技術が融合して生まれた先制点で鹿島は試合の主導権を握った。5分、左サイドでボールを受けた小笠原はディフェンスにつく相手選手と十分距離を取り左足から右足へとボールを持ちかえ、ゴール前へ鋭いクロスを送る。これを興梠が相手選手と競いながらもスライディングしてのボレーで合わせ、浦和ゴールを揺るがした。
 
photo
 
この得点で精神的にも優位に立った鹿島は、攻め急ぐ浦和を冷静に受け止める。フィンケ監督のスタイルであるパスワークで前に出てくる浦和に最後の突破を許さない。特に負傷したイ ジョンスの代わりとなる形で最終ラインへ復帰した伊野波が巧みなカバーリングと相手の動きを予測する戦術眼でチームに安定をもたらした。その後も前へ出る浦和、その攻撃を受け止め鋭いカウンターで追加点を狙う鹿島という局面が続き、前半を折り返した。
 
photo
 
photo
 
後半に入っても、前へ出てくる浦和をいなす場面が多く見られる。中盤では小笠原と中田が、そして最終ラインでは岩政、伊野波が完璧にコントロールし、僅かなピンチで浦和がシュートを放っても守護神曽ヶ端がしっかりとセーブし失点を許さない。
 
photo
 
photo
 
そして34分、オリヴェイラ監督は疲れの目立ち始めたフェリペ ガブリエルに代え、先のゼロックス杯でも活躍した遠藤をピッチへと送り出した。するとこの遠藤は左サイドでボールを奪うとすぐさまチャンスメイクをし、絶好機を作り出す。41分、左サイド奥深くに切れ込み、そこから精度の高いクロスを上げる。そしてゴール前で追加点を奪うべく待っていたのはマルキーニョス。相手選手のマークを外し完全にフリーとなり、教科書通りのヘディングシュートを決めた。
 
photo
 
photo
 
この2点目で完全に浦和の戦意を奪った鹿島は続けざまにもう1点奪いへ行く。42分には野沢が芸術的なループシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーをかすめゴールとはならなかった。直後にエジミウソンからヘディングシュートを放たれても今日の曽ヶ端に隙はない。正面でがっちりとキャッチして90分間を無失点で終えた。

結局、最後まで質の高い動きを失わなかった鹿島は浦和から2-0と2年連続となる開幕戦勝利を収めた。「90分間、サポーターを喜ばせるサッカーができた」。試合後の会見でオリヴェイラ監督が語ったように両チームともに攻める気持ちを90分間貫いたこのゲームは、開幕戦にふさわしい内容と言えよう。鹿島は最高の形で2010シーズンJリーグの船出を飾った。
 
photo
 

監督コメント
[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ
・中盤の守備でのバランスと連携に注意すること。
・守備から攻撃の切り替えを早くすること。

浦和レッズ: 
・失点してしまったのは残念だがしっかり返していこう。
・カウンターにはしっかりと注意しなければいけない。

[試合後]
鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ
(昨年と同じカードで白星となったが)今日の勝利は非常にうれしく思う。対戦相手としては申し分ない相手、レッズとは昨年の最終節で戦ったばかりで相手もこの開幕戦でいいスタートを切りたいと思っていただろうが、我々にはホームのアドバンテージもあったのでしっかりと試合に入れたし、相手の弱点をついてうまくやることができたのでこの勝利でいいスタートが切れたのではないかと思う。今日は自分たちのサッカーをやりとおすことができたのはチームにとても良かった。スタジアムに応援に来てくれたサポーター、テレビの前で応援してくれたサポーターにとってもいい試合だったのではないかと思っている。
(今日のマルキーニョスについて)
彼はいろんな要素を持っていて素晴らしい選手。日本ではトップに入るFWの1人だと思う。チャンスも作れるし、決定力もある。チームプレーを考えて守備もできるし攻撃に対する意欲もある。彼と仕事ができることを誇りに思っている。

浦和レッズ: 
残念な結果となってしまった。今日の失点はすべて自分たちのミスからおこってしまったこと。ただ、今日はとても質の高い試合だったので、徐々にリスクをあげなければならなくなってしまった。今日の敗戦は我々にとって痛い一敗となってしまったが、見ている人には興味深い、レベルの高い魅力的な試合だったと思う。

選手コメント
[試合後]

【岩政 大樹】
早い時間に点ととれたので、1点取られても同点だったし、そういう意味でも落ち着いて出来たと思う。チャンスをあまり作られていなかったし、無失点で終えられたことはとてもうれしい。
【興梠 慎三】
満男さんだったら前で良い動きをすればピンポイントで出してくれるので、自分は当てるだけだった。そんなに難しいゴールじゃなかったと思います。
【曽ヶ端 準】
風が強かったし、目測を誤りやすかったけどみんな落ちついて出来たと思う。危ないシーンも前半のループシュートだけだったと思うし、みんなが体をはってギリギリのところでやってくれた。
【遠藤 康】
開幕戦に勝ててよかったです。アシストは狙い通りです。プロに入って初めてのアシストだったし、マルキが決めてくれてよかった。チームの勝利に貢献出来てよかったです。
【小笠原 満男】
(興梠選手へのアシストについて)慎三がうまく決めてくれたと思う。相手DFが嫌だと思う所に出せたと思うし、自分のイメージと慎三のイメージがうまく合った。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.