powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合情報 >> Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦
Jリーグヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦
2010年09月08日(水)

2010年09月08日(水)  19:00キックオフ  等々力陸上競技場

【入場者数】9,406人 【天候】雨、中風、 気温23.0度、 湿度89.0% 【ピッチ】全面良芝、水含み

【主審】吉田 寿光  【副審】八木 あかね  【副審】西尾 英朗  【第4の審判員】桜井 大介 

3

鹿島アントラーズ

  試合終了  
1 1 前半 1 3
0 後半 2

7

川崎フロンターレ

33分 小笠原 満男
【得点】
32分 田坂 祐介
79分 中村 憲剛
88分 ヴィトール ジュニオール

【警告・退場】

イエローカード 39分 ジウトン
イエローカード 70分 小笠原 満男
イエローカード 75分 小笠原 満男
レッドカード 75分 小笠原 満男
       
9シュート17
14 GK 11
1 CK 12
13 直接FK 19
4 間接FK 3
4 (オフサイド) 1
0 PK 0

【警告・退場】

イエローカード 90分+2 ヴィトール ジュニオール
60分 フェリペ ガブリエル  → 中田 浩二
76分 興梠 慎三 → 船山 祐二
81分 野沢 拓也 → 本山 雅志
【交代】
37分 森 勇介 → 谷口 博之
63分 稲本 潤一 → 中村 憲剛
90分+1 黒津 勝 → 佐原 秀樹
GK 21 曽ヶ端 準
DF 7 新井場 徹
DF 4 大岩 剛
DF 19 伊野波 雅彦
DF 5 ジウトン
MF 15 青木 剛
MF 40 小笠原 満男
MF 8 野沢 拓也
MF 11 フェリペ ガブリエル
FW 13 興梠 慎三
FW 18 マルキーニョス
【先発】
GK 1 相澤 貴志
DF 18 森 勇介
DF 17 菊地 光将
DF 2 伊藤 宏樹
DF 8 小宮山 尊信
MF 18 横山 知伸
MF 20 稲本 潤一
MF 6 田坂 祐介
MF 11 ヴィトール ジュニオール
FW 8 ジュニーニョ
FW 7 黒津 勝
GK 30 杉山 哲
MF 6 中田 浩二
MF 10 本山 雅志
MF 8 船山 祐二
MF 25 遠藤 康
FW 9 大迫 勇也
FW 17 佐々木 竜太
【控え】
GK 27 安藤 駿介
DF 3 佐原 秀樹
MF 29 谷口 博之
MF 14 中村 憲剛
MF 16 楠神 順平
MF 23 登里 享平
FW 11 小林 悠
監督 オズワルド オリヴェイラ
【監督】
監督  
マッチレビュー
ヤマザキナビスコカップ 準々決勝 第2戦 vs川崎F

鹿島、またしてもアウェイで涙。ナビスコ杯3年連続準々決勝敗退。


photo




台風9号の影響で試合開催が危ぶまれた等々力の地で力尽きるという結果で、またしても鹿島は第2戦のアウェイゲームで涙を飲んだ。これでヤマザキナビスコカップは3年連続準々決勝敗退が決定、鹿島に残されたタイトルは4連覇のかかるJリーグと天皇杯のみとなった。



photo



photo




今年初の本州直撃となる台風が心配されたこの試合、鹿島は序盤から慎重な立ち上がりを見せた。第1戦で負けている川崎Fがゴールを奪いに前へのプレッシャーをかける中、小笠原を中心にうまく相手をいなし、手数をかけない攻撃で前へ行く。18分には左サイドでのスローインを興梠が素早くゴール前へ投げ込み、フェリペ ガブリエルの前にボールが転がり込む。これがこの試合最初の絶好機となったが、フェリペはバランスを崩しジャストミートできず、チャンスを逸してしまった。




photo




するとやはりホームの利を生かそうとする川崎Fに押される時間帯が増える。特にセットプレーのシーンではコロコロ変わる風向きとキッカーである田坂、そしてヴィトール ジュニオールの精度の高いキックに曽ヶ端が悩まされる回数が多く見られる。それでも曽ヶ端は何とかパンチングで凌いだり、ボールを後ろへそらしCKへ逃げ事なきを得るが、選手たちの緊張が増したのは事実だった。




photo




そして32分、ついにその緊張の糸が切れる。自陣の右サイドでヴィトール ジュニオール、小宮山とつながれ、最後は田坂に決められる。鹿島は絶対に与えてはいけない先制点を早くも許す結果となった。




photo




ここ10年勝ちのない等々力で先制点を奪われる苦しい展開だったが、その1分後、鹿島が勝利への執念を見せる。33分、青木がゴール前へスルーパスを送るとこれを受けた野沢がゴールライン間際で粘り、中央へクロスを送る。これは相手に当たってしまうが、そのこぼれ球をキャプテン小笠原が狙い済ました右足ボレーでゴール左に決める。



この芸術的な同点弾により2戦トータルで3-2とリードした鹿島は優位を保ったまま、前半を1-1で折り返し、運命の後半に突入した。




photo




photo




後半に入り、今度は人数を多くかけ前へ出てくるホームチームに鹿島が動揺するシーンが目立つようになる。さらに63分、昨日の代表戦にも出場した中村憲剛までも投入した川崎Fに圧倒され、ついに苛立ちからか、75分、小笠原がその中村を倒し、この日2枚目のイエローを宣告され、退場となる。


photo




同点ゴールを決めたチームの大黒柱を失った鹿島は窮地に追い込まれる。そして79分、川崎Fの大黒柱である中村に勝ち越し弾となるミドルシュートを決められる。



絶体絶命のピンチに追い込まれた鹿島は数的不利の状況の中、途中交代の船山、本山らが前線にワントップで残るマルキーニョスとからみ、必死にゴールを目指す。しかし43分、ヴィトール ジュニオールに痛恨の3点目を叩き込まれ、2戦合計で3-4と逆転を許してしまった。その後、アディショナルタイムも必死に前へ前へボールを送り込むが、万事休す。鹿島は鬼門の等々力で3年連続準々決勝敗退の屈辱を味わう結果に終わった。




photo




試合後、報道陣に囲まれる選手たちから出てくる言葉は反省の弁ばかりだった。2000年以来となる国内3冠が阻まれ敗北感が増すゲームとなったのは確かだが、ここで下を向いてはならない。残されたタイトルであるJリーグ、天皇杯の2冠のためにも気持ちを強く持ってリスタートすることが重要だ。このチームならば、きっとやれることだと誰もが信じている。




photo




監督コメント
[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ
・セカンドボールをしっかり拾おう。
・相手へのマークをしっかりしよう。
・ピッチ状態を考えてプレーしよう。


川崎フロンターレ: 
・サイドを起点に攻撃を仕掛けていこう。
・攻撃時のリスク管理をはっきりと。
・ピッチコンディション、風下ということを意識して。


[試合後]
鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ
退場の直後に失点してしまっていることもあり、(小笠原の退場は)多少の影響はあったのかと思う。しかし内容的に川崎Fも素晴らしく、11対11の状況でも失点する可能性はあった。ただ、退場で自分たちの不利な状況に追い込んでしまったということはあると思う。(1-2というスコアになって)残念ながら数的不利な状況だったので、しっかり守ってカウンターからチャンスを見いだすというやり方を考えていた。相手が入ってくるのを待ってカウンターという狙いだったが、相手のほうが数的有利なので相手がやろうとしているやり方になって失点をしてしまった。

川崎フロンターレ: 
天候が悪く、お互いに動きが悪かったと思う。1点入れば試合は動くと思っていたので、その1点を取ろうという話をした。得点後、すぐに失点してしまった。鹿島のメンタリティはすごい。この素晴らしい雰囲気を作ってくれたサポーターに感謝したい。

選手コメント
[試合後]

【大岩 剛】
1人少なくなってからは守ってカウンターを狙うというイメージだったが、相手が人数をかけてきて守りきれなった。10人になってからの意識統一がチームの中で全員が全員出来ていなかった。そういうところをしっかりとできればよかったと思う。

【中田 浩二】
10人になってからは割り切って守るのもよかったが、まだ時間もあったし前線がマルキ1人になってしまっていたので押し込まれる時間が増えてしまった。相手は前がかりにきていたし、ウチが後手後手になってしまった。

【本山 雅志】
残念です。自分が入った時にはああいう状況だったので失点をしたくなかった。セカンドボールを上手く拾って足元でプレーしたかった。しっかりパスを繋いで運動量を増やしたかった。

【青木 剛】
10人になった時点ではこちらが有利だったし、守りきるという意識はあったが最後まで耐えることが出来なかった。相手はサイドから攻撃を仕掛けていたし、浩二さんが入ったことで自分がサイドにずれてそこを押さえられればというイメージだった。

【船山 祐二】
自分は攻撃的なボランチだと思っているので、ああいう状態での試合への入り方が難しかった。リスクを負ってでも点を取りたかったし、その結果攻めにいって点をとられてしまった。

© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.