powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合日程・結果 >> 過去の結果>> 2007年開催試合 >>  2007 ヤマザキナビスコカップ 準決勝 第1戦
2007 ヤマザキナビスコカップ 準決勝 第1戦
 
2007 ヤマザキナビスコカップ 準決勝 第1戦 vsガンバ大阪
2007.10.10(水)19:00キックオフ
 

 悔しい判定による1点に泣き、ガンバ大阪に0-1で敗れた。57分に相手クロスが新井場の手に当たってPKと判定され、遠藤に決められて決勝点が入った。ただし、8月29日のJ1リーグ戦で1-5と大敗した相手に対しての0-1は悪くないスコアで、カシマでの第2戦に期待がかかる。

 前出のシーンでは、ガンバDF安田のクロスが新井場に当たってゴールラインを割ると、主審はまずコーナーキックを指示した。だが、副審のアピールからオーバーコール(再判定)となり、PKに変更された。こうして与えられた相手PKに対し、曽ケ端はキッカーの遠藤に逆をつかれないようギリギリまで動き出すのを待ったが、それでも逆を取られて決められた。この1点を最後まで取り返すことができなかった。

 シュート数6-9という低い数字が示すように、分の悪い攻め合いの回避には成功した。いかにロースコアゲームに持ち込むかがカギだった。バレーとマグノ・アウベスが万全ではないことから、播戸のワントップ気味の布陣で来ることを予想して戦術を練り、ある程度は成功した。0-0の引き分けならば十分だったが、PKで1失点を喫した。

 先発11人によるシュートは、岩政、興梠、マルキーニョスの3本だけ。慎重に試合を進めたが、狙い通りにはいかなかった。失点後はダニーロ、田代、本山を投入。ダニーロが2本、田代が1本のシュートを記録したものの、決定機にはつながらなかった。

 アウェイゴールルールが採用されている決勝トーナメントにおいて、初戦でアウェイゴールを奪えなかった意味は重い。次の試合でガンバに1点を奪われると、勝利のためには3ゴールが必要になる。

 とはいえ、過去アントラーズはホームアンドアウェイ方式で行われたノックアウトステージで、初戦を落としたことが6回あるが、そのうち5回は第2戦での逆転に成功しているというデータがある。2点差を跳ね返したことも2回あり、1点のビハインドならば悲観する必要はない。実際に今季も、準々決勝のサンフレッチェ広島戦で、第1戦0-1、第2戦3-1で逆転勝ちしている。今回もカシマでの巻き返しに注目だ。

 
会場:万博記念競技場 ・観衆: 8,157人 ・天候:晴
鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪
0 0 前半 0 1
0 後半 1
  得点
(アシスト)
57分:遠藤 保仁
36分:青木 剛
63分:内田 篤人
警告 89分:播戸 竜二
  退場  
70分:IN:ダニーロ
    (OUT:野沢 拓也)
70分:IN:田代 有三
    (OUT:マルキーニョス)
85分:IN:本山 雅志
    (OUT:大岩 剛)
交代 82分:IN:中澤 聡太
    (OUT:安田 理大)
89分:IN:中山 悟志
    (OUT:播戸 竜二)
スターティングメンバー
鹿島アントラーズ
曽ケ端 準 GK 21
内田 篤人 DF 2
岩政 大樹 DF 3
大岩 剛 DF 4
新井場 徹 DF 7
青木 剛 MF 15
中後 雅喜 MF 16
小笠原 満男 MF 40
野沢 拓也 MF 8
興梠 慎三 FW 17
マルキーニョス FW 18
 SUB
杉山 哲 GK 29
後藤 圭太 DF 31
本山 雅志 MF 10
ダニーロ MF 11
増田 誓志 MF 14
田代 有三 FW 9
柳沢 敦 FW 13
 
ガンバ大阪
藤ヶ谷 陽介 GK 22
加地 亮 DF 21
シジクレイ DF 5
山口 智 DF 6
安田 理大 DF 13
明神 智和 MF 17
橋本 英郎 MF 27
遠藤 保仁 MF 7
二川 孝広 MF 10
家長 昭博 FW 8
播戸 竜二 FW 11
 SUB
松代 直樹 GK 1
中澤 聡太 DF 2
實好 礼忠 DF 4
横谷 繁 MF 24
倉田 秋 MF 31
中山 悟志 FW 19
マグノ アウベス FW 9
 
監督コメント
<ハーフタイム>
鹿島アントラーズ:オズワルド・オリヴェイラ監督
  ・ミスパスなど簡単にボールを失いすぎるので、正確にビルドアップしていこう。
・相手に両サイドから引っ張られないよう、守備のバランスを整えるようにしていこう。
ガンバ大阪:西野朗監督
  悪くない。ここでとり急ぐな。押し込んだ中で、最後にどこを使うか。その使い方で相手カウンターにつながっている。バランスをとって戦うこと。チャンスは必ずある。
 
<試合終了>
鹿島アントラーズ:オズワルド・オリヴェイラ監督
  対戦相手、AWAY、前回の成績をふまえると悪くはない結果だ。ガンバの攻撃力、中盤の構成を考えてメンバーを組んだがある程度は機能したと思う。カシマでのホームでは、自分たちがやることをしっかりやって結果的に勝てればいいと思う。
ガンバ大阪:西野朗監督
  今日はメンバーが思わぬ形(午前に寺田の怪我)で変更になったが、ホームということもあり上手く戦えたと思う。鹿島での試合をどのメンバーでどう戦うかが非常に難しいと思うが、AWAYゴールをいかし、勝利したいと思う。
 
 
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.