powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合日程・結果 >> 過去の結果>> 2007年開催試合 >>  第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝
第87回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝
 
第87回 天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝 vs川崎フロンターレ
2007.12.29(土)15:00キックオフ
 
マッチレビュー
 
 川崎フロンターレを1-0で下し、5年ぶり5回目の決勝進出を決めた。曽ケ端の度重なる好セーブで相手の攻撃を防ぎ、本山の豪快なボレーで決勝ゴールを奪った。今季2冠目、通算11冠目のタイトルへ向け、王手をかけた。

 前半11分、川崎の村上がアントラーズ守備陣の裏を取る。1対1という絶体絶命のピンチにも、曽ケ端は落ち着いて対応。GKの足元を抜こうとした村上の意図をしっかりと読み、シュートコース側にしっかりと体を向けてのボディーディフェンスで失点を防いだ。これが、曽ケ端のスーパープレーの始まりだった。

 今大会に入って3試合合計330分で1失点という安定した守備を持つアントラーズDF陣だったが、ここまでの対戦相手とは1枚も2枚も違う川崎攻撃陣を抑えるのは簡単なことではなかった。前回の対戦でのマンマーク(青木がジュニーニョについた)とは異なり、小笠原、青木、岩政、大岩のディフェンスボックスがゾーンに入ってきた相手を確実に止める方法で臨んだ。相手に簡単にはやらせなかったものの、それでも相手にチャンスが生まれる場面がある。そこを曽ケ端がしっかりと止めた。22分の村上、63分の鄭と続いた決定機も、「守護神」と呼ぶにふさわしいセービングがゴールを許さなかった。

 チャンスは作るものの、なかなかゴールを奪えなかったアントラーズは72分、ロングボールを田代が空中戦で競り勝つ。相手DFがセカンドボールをクリアしそこねたところで、飛びだしてきていた本山が豪快にボレーシュートをたたきこんだ。前半から軽快なドリブルで切れ込むなど、フルシーズン戦ってきたとは思えない体のキレを見せ、この試合両チーム最多の5本のシュートを放った本山が結果を出した。そして、そのロングボールを蹴り、起点となったのは曽ケ端だった。

 その後は、今季何度も苦しい場面を逃げ切ってきたアントラーズDF陣の真骨頂が見られた。不利な場面での割り切ったクリアは、必要な場面での体の寄せ、そして何より球際の執着心で3-5-2から4-3-3(2-5-3)へとシフトして猛攻をかけてきた川崎攻撃陣に立ち向かった。最後尾にいる曽ケ端の存在が安定感をもたらし、そのまま1-0で逃げ切った。

 
会場:国立競技場・観衆:22,457人・天候:曇
鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ
1 0 前半 0 0
1 後半 0
72分:本山 雅志 得点
(アシスト)
 
14分:新井場 徹 警告 12分:ジュニーニョ
  退場  
75分:IN:ダニーロ
    (OUT:野沢 拓也)
87分:IN:中後 雅喜
    (OUT:本山 雅志)
89分:IN:柳沢 敦
    (OUT:マルキーニョス)
交代 63分:IN:井川 祐輔
    (OUT:村上 和弘)
76分:IN:久木野 聡
    (OUT:河村 崇大)
80分:IN:黒津 勝
    (OUT:鄭 大世)
スターティングメンバー
鹿島アントラーズ
曽ケ端 準 GK 21
内田 篤人 DF 2
岩政 大樹 DF 3
大岩 剛 DF 4
新井場 徹 DF 7
青木 剛 MF 15
小笠原 満男 MF 40
本山 雅志 MF 10
野沢 拓也 MF 8
田代 有三 FW 9
マルキーニョス FW 18
 SUB
小澤 英明 GK 1
ダニーロ MF 11
増田 誓志 MF 14
中後 雅喜 MF 16
船山 祐二 MF 23
柳沢 敦 FW 13
興梠 慎三 FW 17
 
川崎フロンターレ
川島 永嗣 GK 1
箕輪 義信 DF 5
寺田 周平 DF 13
伊藤 宏樹 DF 2
森 勇介 MF 19
中村 憲剛 MF 14
河村 崇大 MF 6
村上 和弘 MF 26
マギヌン MF 11
ジュニーニョ FW 10
鄭 大世 FW 16
 SUB
相澤 貴志 GK 21
佐原 秀樹 DF 3
井川 祐輔 DF 4
養父 雄仁 MF 20
大橋 正博 MF 24
久木野 聡 FW 23
黒津 勝 FW 7
 
監督コメント
<ハーフタイム>
鹿島アントラーズ:オズワルド・オリヴェイラ監督
・前線のポジションチェンジに対するマークの確認をすること
・確実にビルドアップできるときは、両サイドを使って中盤を組み立てよう
川崎フロンターレ:関塚隆監督
  ・バランスを意識してプレー
・球際を厳しく
・残り45分、集中してプレーしていこう
 
<試合終了>
鹿島アントラーズ:オズワルド・オリヴェイラ監督
  ミスはあったが、総合的に見ていい内容だったと思う。勝負強さというか、練習でも試合でも自信に満ちあふれているように思う。私も信頼して送り出すことができる。これは昨日今日に生まれたものではなく、2月の宮崎キャンプから、序盤の勝てない時期でも、しっかりと取り組んできた成果だと思う。あと1つで優勝できるので、力を出し切れるように準備したい。
川崎フロンターレ:関塚隆監督
  リーグチャンピオンと準決勝で戦えて光栄に思う。今日は我々の力を出し切った試合だったんじゃないかと思っている。非常に球際も厳しい一戦で、本当に少しのところで決めることができず、アントラーズに決められてしまい、本当に少しの差で決勝進出を逃してしまったなと思う。選手たちには最後までこの雰囲気の中で戦ってくれたと思うし、サポーターの前で勝利をプレゼントしたかったがそれができず残念。今シーズン終了となってしまったが、また一つ歴史を刻んで来季へ向けて頑張っていきたい。サポーターの皆さんには最後までありがとう、そしてアントラーズにはおめでとうと言いたい。
 
 
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.