本日のスケジュール メディア情報  Tv ACL 準決勝第2戦 水原三星 vs 鹿島(19:00)日テレNEWS24、日テレジータス、BS日テレ
powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合日程・結果 >> 過去の結果>> 2004年開催試合 >> 2004 J1リーグ1stステージ 第9節
2004 J1リーグ1stステージ 第9節
 
J1リーグ1stステージ 第9節 vs大分トリニータ
2004.05.09(日)15:00キックオフ
試合結果
[出場選手一覧]
会場:カシマサッカースタジアム・観衆:9,596人・天候:雨
鹿島アントラーズ 2 前半 0 大分トリニータ
1 後半 0
7分:増田 誓志(本山 雅志)
14分:小笠原 満男(本山 雅志)
83分:小笠原 満男
得点(アシスト)  
10分:岩政 大樹
12分:小笠原 満男
76分:本山 雅志
警告 18分:リチャード ビチュヘ
39分:小森田 友明
83分:高松 大樹
89分:瀬戸 春樹
  退場  
74分:IN:熊谷 浩二
(OUT:大谷 昌司)
84分:IN:野沢 拓也
(OUT:増田 誓志)
86分:IN:池内 友彦
(OUT:岩政 大樹)
交代 50分:IN:根本 裕一
(OUT:松橋 章太)
84分:IN:永井 秀樹
(OUT:山崎 哲也)
87分:IN:瀬戸 春樹
(OUT:リチャード ビチュヘ)
コメント

鹿島アントラーズ :監督 <ハーフタイム>
バランスを意識し落ち着いて一つ一つのプレーをシンプルに。サイドからの早いパスで展開し、相手を揺さぶってゆくこと。最後まで足を止めず集中して戦うこと。

大分トリニータ :監督 <ハーフタイム>
DFラインのコントロールをしっかりしよう。ビルディングアップでイージーなミスをしないように。

鹿島アントラーズ :監督 <試合終了>
前半、判断の部分で選手同士がお見合いしていることがあった。内容的には満足している。3人の若手(岩政・大谷・増田)についても前半に関しては満足。
後半は相手のリズムになり、同点にされそうな場面もいくつかあった。自分たちのミスからボールの支配を失って、後半のリズムを崩していってしまった。
中2日の連戦だったことで、短い時間の中で課題を修正することは難しく、選手たちの疲労を取ることを一番に考えた。細かい点や今後の課題については来週の練習の中で修正していきたい。
<デビュー戦だった大谷選手について>
デビュー戦ということで緊張していたりするかと思ったが、今日は彼に驚かされた。シンプルにボールをさばき、指示していた通りに実行してくれていた。何より前を向いてプレーしてくれた。今後、試合を重ねていけば、試合のペース配分を考えてプレーすることができるだろう。

大分トリニータ :監督 <試合終了>
前半は眠ってしまった。選手たちは良いスタートを切れなかったのが残念だった。
後半は自分たちのサッカーができた。スタートからこういうサッカーができればよかった。また、チャンスがあったのにいかせなかった。良いスタートを切らないと最後はこういう結果になってしまう。
セレッソ、ジュビロとの連戦では良い試合をしたが、1週間で3試合は難しかった。大分からサポーターもかけつけてくれたのに申し訳ない。

 
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.