powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合日程・結果 >> 過去の結果>> 2002年開催試合 >> 2002Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 準決勝
2002Jリーグ ヤマザキナビスコカップ 準決勝
 
ヤマザキナビスコカップ 準決勝 vs清水エスパルス
2002.10.2(水)19:00キックオフ
試合結果
[出場選手一覧]
会場:茨城県立カシマサッカースタジアム・観衆:9,102 人・天候:晴
鹿島アントラーズ 1 前半 0 清水エスパルス
0 後半 1
1 延長 0
  PK  
25分:オウンゴール
106分:長谷川 祥之 (小笠原満男)
得点(アシスト) 67分:三都主アレサンドロ (安貞桓 )
  警告 65分:ペツェル
76分:戸田和幸
  退場  
23分:IN:熊谷 浩二
     (OUT:本山 雅志)
77分:IN:西澤 淳二
     (OUT:本田 泰人)
87分:IN:長谷川 祥之
     (OUT:池内 友彦)
105分:IN:石川 竜也
     (OUT:名良橋 晃)
交代 66分:IN:バロン
     (OUT:平松康平)
85分:IN:横山貴之
     (OUT:安貞桓)
コメント

鹿島アントラーズ :監督 <ハーフタイムコメント>
バランスを保ちゲームをするように。
相手のクロスに対し、ポジショニングとカバーリングをしっかりするように。
サイドから攻撃を仕掛けていくように。
パスをつないでリズムをつくり、後半集中して戦おう。

清水エスパルス :監督 <ハーフタイムコメント>
十分なプレイが出来ていない。もう一回気持ちを締めなおそう。
もっとボールへのアプローチを早くすること。
サイド攻撃をもっと意識をしていこう。

鹿島アントラーズ :監督 <試合終了コメント>
清水はメンバーを見ても良い選手が揃っているので、とにかく先に失点しないようにポジショニングをしっかりとやった。
FW陣が本調子ではなかったが周りのメンバーがしっかりとサポートしてくれていたので本への質の高さが今日の勝利を呼んだのだと思う。
長谷川選手については今までの経験もあるがグランドに出たら常に結果を出そうとするプロフェッショナルな選手だと思うし、空中で止まる技術は彼にしか出来ないしすばらしいと思う。
次は決勝だが、全員が一丸となってチームを盛り上げてしっかりとした戦いをしてタイトルをものにしたい!!

清水エスパルス :監督 <試合終了コメント>
前半は自分たちのリズムが作れず、内容的にも良くなかったが、後半はアグレッシブなサッカーも出来、ボール支配も増えた中で追いつけたことは良かった。
延長戦に入っても決定的なチャンスもいくつかあったし、お互いにチャンスにも恵まれることが多かったが、どちらが1点とるのかという中で、Vゴールをとられて負けてしまった。

 
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.