powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合日程・結果 >> 過去の結果>> 2002年開催試合 >> 2002J1リーグ 2ndステージ 第4節
2002J1リーグ 2ndステージ 第4節
 
J1リーグ2ndステージ 第4節 vs京都パープルサンガ
2002.09.18(水)19:00キックオフ
試合結果
[出場選手一覧]
会場:茨城県立カシマサッカースタジアム・観衆:11,857 人・天候:晴
鹿島アントラーズ 1 前半 1 京都パープルサンガ
1 後半 0
  延長  
  PK  
33分:中田 浩二 (小笠原 満男)
57分:池内 友彦 (小笠原 満男)
得点(アシスト) 29分:朴 智星 (中払 大介)
40分:アウグスト
61分:内田 潤
73分:柳沢 敦
警告 23分:手島 和希
33分:角田 誠
64分:斉藤 大介
89分:中村 忠
  退場  
83分:IN:熊谷 浩二
     (OUT:本山 雅志)
88分:IN:長谷川 祥之
     (OUT:小笠原 満男)
交代 66分:IN:安 孝錬
     (OUT:中払 大介)
75分:IN:冨田 晋矢
     (OUT:斉藤 大介)
87分:IN:上野 優作
     (OUT:鈴木 和裕)
コメント

鹿島アントラーズ :監督 <ハーフタイムコメント>
相手のサイドチェンジに対してのポジショニングとカバーリングをしっかりとすること。パスミスをなくしてしっかりつなぐこと。後半45分集中してアントラーズのつなぐサッカーをすること。

京都パープルサンガ :監督 <ハーフタイムコメント>
もっと挑戦者だという気持ちを出して相手より多く動こう。
2ndボールへの反応をもっと早く!
もっとコンパクトにしよう。

鹿島アントラーズ :監督 <試合終了コメント>
試合の内容としてはアントラーズらしくない展開が多かったが、結果として勝ち点3ポイント取れたことは良かった。
前節の東京V戦の疲れがかなり残っていたのもあったが、もう少しつないだサッカーをしたかった。
ボールをまわす、つなぐという動きは1番簡単なことだが、サッカーの試合では一番難しいことでもあるので、アントラーズとしてはつなぐサッカーをしっかりやってもっと精度を上げていきたい。

京都パープルサンガ :監督 <試合終了コメント>
相手はJリーガーチャンピオンのアントラーズだったのでみんな一丸となって戦うように伝えていた。
失点するまではプランどおりの戦い方だったが、1点目2点目とセットプレーで点を取られてリズムが悪くなってしまった。
最後はFW2人を投入した中で何度か得点のチャンスがあったが点には結びつかなかった。
選手たちにはもう少し積極的なプレーをして欲しかったが、この負けは次に生かしていきたい。

 
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.