powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合日程・結果 >> 過去の結果>> 2002年開催試合 >> 2002J1リーグ 2ndステージ 第2節
2002J1リーグ 2ndステージ 第2節
 
J1リーグ2ndステージ 第2節 vsジュビロ磐田
2002.09.07(土)19:00キックオフ
試合結果
[出場選手一覧]
会場:茨城県立カシマサッカースタジアム・観衆:34,011 人・天候:曇
鹿島アントラーズ 0 前半 0 ジュビロ磐田
1 後半 2
  延長  
  PK  
89分:名良橋 晃 得点(アシスト) 51分:西 紀寛
89分:高原 直泰
47分:アウグスト
71分:中田 浩二
警告 72分:藤田 俊哉
84分:河村 崇大
  退場  
54分:IN:内田 潤
(OUT:エウレル)
70分:IN:青木 剛
(OUT:本田 泰人)
71分:IN:長谷川 祥之
(OUT:池内 友彦)
交代 80分:IN:河村 崇大
(OUT:西 紀寛)
84分:IN:金沢 浄
(OUT:藤田 俊哉)
89分:IN:グラウ
(OUT:中山 雅史)
コメント

鹿島アントラーズ :監督 <ハーフタイムコメント>
リズムも内容も良い。落ち着いて1つ1つのプレーを正確にやっていこう。
スリッピーなので積極的にシュートを打って行こう。
相手も苦しい。後半頑張りどころ、負けるな。

ジュビロ磐田 :監督 <ハーフタイムコメント>
守備では相手セットプレーに注意しよう!
攻守の切り替えを早くし、最後まで集中していこう!
攻撃では左右のオープンスペースをうまく使いたい。
フィニッシュも大切に!

鹿島アントラーズ :監督 <試合終了コメント>
前半は決定的な場面を多く作れたが、ゴールには結びつかなかった。相手に先制点を取られた後のレフリーの笛はおかしかったように思えた。全体的には両チームの選手ともにレフリーの判定に疑問を持つことが多かったと思う。選手たちもいらいらして自分たちのサッカーができなくたっていた。どんなときでも冷静にプレーをしないといけないし、ゲームをいかに勝ちに持っていくかが今後の課題だと思う。良いチーム同士の試合では一瞬のミスで流れは変わるもの。今日の磐田の選手の個人技は良かったと思う。

ジュビロ磐田 :監督 <試合終了コメント>
今日の試合は今後戦って行く上での非常に大きな意味があるので、どうしても勝ちたかった。
選手たちは冷静にプレーしていたと思うし、集中を切らさずに良くやってくれたと思う。レフリーに関しては、両チームの選手ともに一生懸命プレーしていることもあるのにできるだけミスジャッジは無くして欲しいと思った。

 
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.