powered by So-net

試合情報

トップ >> 試合情報 >> J1リーグ 第20節
J1リーグ 第20節
2010年08月21日(土)

2010年08月21日(土)  18:33キックオフ  県立カシマサッカースタジアム

【入場者数】19,024人 【天候】晴、弱風、 気温27.3度、 湿度73.0% 【ピッチ】良芝、乾燥

【主審】奥谷 彰男  【副審】柴田 正利  【副審】中井 恒  【第4の審判員】高山 啓義 

3

鹿島アントラーズ

  試合終了  
0 0 前半 0 1
0 後半 1

16

セレッソ大阪

【得点】
55分 乾 貴士

【警告・退場】

イエローカード 44分 青木 剛
イエローカード 79分 伊野波 雅彦
イエローカード 90分+1 興梠 慎三
       
10シュート11
8 GK 14
6 CK 3
17 直接FK 12
0 間接FK 2
0 (オフサイド) 2
0 PK 0

【警告・退場】

イエローカード 90分 高橋 大輔
イエローカード 90分 家長 昭博
65分 フェリペ ガブリエル  → 本山 雅志
65分 大迫 勇也 → 佐々木 竜太
79分 青木 剛 → 遠藤 康
【交代】
71分 アドリアーノ  → 小松 塁
83分 清武 弘嗣 → 藤本 康太
90分+2 家長 昭博 → 播戸 竜二
GK 21 曽ヶ端 準
DF 7 新井場 徹
DF 3 岩政 大樹
DF 19 伊野波 雅彦
DF 16 宮崎 智彦
MF 15 青木 剛
MF 40 小笠原 満男
MF 8 野沢 拓也
MF 11 フェリペ ガブリエル
FW 9 大迫 勇也
FW 13 興梠 慎三
【先発】
GK 1 松井 謙弥
DF 20 高橋 大輔
DF 3 茂庭 照幸
DF 22 上本 大海
DF 14 丸橋 祐介
MF 6 アマラウ
MF 10 マルチネス
MF 7 乾 貴士
MF 13 清武 弘嗣
FW 9 アドリアーノ
FW 14 家長 昭博
GK 30 杉山 哲
DF 4 大岩 剛
DF 6 當間 建文
MF 10 本山 雅志
MF 8 船山 祐二
MF 25 遠藤 康
FW 17 佐々木 竜太
【控え】
GK 29 丹野 研太
MF 6 羽田 憲司
MF 4 藤本 康太
MF 17 酒本 憲幸
MF 7 石神 直哉
FW 11 播戸 竜二
FW 15 小松 塁
監督 オズワルド オリヴェイラ
【監督】
監督  
マッチレビュー
J1 第20節 セレッソ大阪戦

乾の一発にやられ、鹿島、今季ホーム初黒星。


photo



またしても夏の悪夢が繰り返される時期となったのか。鹿島は今季無敗のホーム・カシマにJ1昇格組のC大阪を迎え、0-1とまさかの敗北を喫した。これでリーグ前半戦の第10節にも1-2とアウェイで負けているC大阪に今季2敗目、順位も越され、暫定3位に沈んだ。



photo photo



photo




前半、いつものように野沢を中心に攻撃を形作る鹿島は開始早々にビッグチャンスを得る。野沢のスルーパスに呼応した興梠がつなぎ、最後は大迫が左足でグラウンダーのシュートを放つ。これは惜しくもゴール右に外れたが、大迫の巧さがいかんなく発揮されたシーンだった。



photo photo



またその直後に興梠がボレーシュートを狙うなど、若手2トップの勢いは今日も強く感じられたものの、15分を過ぎた辺りからC大阪も乾、家長、清武を中心とした好調の攻撃陣がリズムをつかみ始める。何度か素早いパスワークで鹿島ゴールへ迫る場面が見られたが、鹿島も落ち着いた守備で先制は許さなかった。



photo




その後、前半で目立ったのはセンターバック伊野波の攻撃参加。35分にはドリブルで駆け上がり、ミドルシュートを放つなど相手ゴールへ向かう積極的な姿勢が目立った。またこのゲームがプロ入り公式戦初出場となる宮崎も安定した守備と小気味よい前線への駆け上がりでチームにバランスをもたらした。



photo




後半に入り、試合のパワーバランスが徐々にC大阪へ傾き始める。そして55分、鹿島は家長、高橋と簡単にワンタッチでつなげられ、最後は乾にニアサイドを打ち抜かれ、先制点を献上する。その後もC大阪に主導権を握られ、苦しい時間帯が続く。



photo




photo




この状況を打破すべく、オリヴェイラ監督は65分、フェリペに代え本山、大迫に代え佐々木を投入する。そしてその14分後にはボランチの青木を下げ、遠藤をピッチへ送り出すなど、反撃へ向けてチームを強く鼓舞した。



photo photo



しかし最後の詰めが甘く、なかなか同点にできない。最後は岩政までもが上がり、パワープレーを仕掛けるも結局、1点も取れないまま、C大阪に0-1とホーム今季初黒星を喫した。



photo




Jリーグをスタートして16年で通算勝率が49.3%と最低の8月。またしても鹿島は勝利を飾ることができず、順位もC大阪に2位の座を譲り暫定3位に沈んだ。再び勝てない悪夢を思い出さざるを得ない夏となったが、リーグ4連覇のためには8月最後の試合となる次節、アウェイでの浦和戦は絶対に勝利したいところだ。王者の意地を見せるのは、これからだ。



photo




監督コメント
[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ
・相手のサイドからの攻撃に注意すること
・リスタートに注意し、集中すること
・攻撃は落ち着いて攻めること

セレッソ大阪: 
・パスをしっかりつなげてポゼッションしよう!
・相手のセットプレーの競り合いのところはしっかり気をつけよう
・チャンスはあるから、しっかり集中していこう


[試合後]
鹿島アントラーズ:オズワルド オリヴェイラ
Q:昨日の練習後はまだ先発が決まっていなかったようだがいつ頃決めたのか?そして宮崎を起用した理由は?
メンバーのことは彼らは知っていた。ただ伝わらないようにしていただけ。宮崎についてはジウトンが出場停止で不在だったので右サイドバックである宮崎を起用した。

Q:宮崎のパフォーマンスはどうだったか?
非常によかったと思う。最初のプレーとしては我々の求めていた部分(守備)ができていたと思う。

Q:パスミスなど鹿島らしくないプレーが目立っていたが?
他の試合と比べてもらえば同じ数字だけのパスミスがあったと思う。ただ、パスミスをしたから悪いというわけではない。出て行った選手もいれば出場停止の選手もいたしお互いを理解する時間も必要であって当たり前のことの現象がおきただけだと思う。

セレッソ大阪: 
今日の勝利を嬉しく思う。いくつかの勝因があると思うが、1つ目はJリーグチャンピオン、3連覇を達成しているアントラーズに勝ったということ。2つ目はNO1のチャンピオンチームを率いているオズワルド氏に勝てたということ。彼の経験や日本サッカーに対する知識を考えれば、彼は代表監督を務めるのに一番ふさわしい監督であると思っている。そして最後は選手たちが最後まで勝つという気持ちを見せてくれて勝てたということに本当に嬉しく思う。

選手コメント
[試合後]

【佐々木 竜太】
監督の指示は、マルチネスのところを抑えろということと右サイドで勝負していけということだった。あれだけの出場時間をもらっていたら点を取らないとダメ。

【遠藤 康】
連戦で周りの選手はかなり疲れていたと思う。自分が入った時には、前には慎三さんと竜太君しかいなかった。前にかける枚数が少なかったと思う。

【大迫 勇也】
しっかりと点が取れていれば勝てていた試合だった。申し訳ない気持ちです。

【新井場 徹】
今日の試合はチームとして完敗だったし、何も出来なかった。パスが強かったり、連携の部分で思うようにいかないところがあって、攻撃面ではほとんどチャンスを作れなかった。攻守において、ピッチに居る自分たちもモヤモヤしながら歯がゆい気持ちだった。今日は良かったところが見つからない。

【宮崎 智彦】
最初は戸惑ったけれど、すぐにやってやろうという気持ちに切り替わった。周りの選手たちが「いつも通り思い切ってやれば問題ない」と声をかけてくれたので本当に心強かった。(失点シーンは)僕とフェリペの意思疎通が上手くいかなかったことが失点の原因。今日の試合で、自分がチャンスをものにしたとは思わない。チームの勝利に貢献したかった。


© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.