悲願のアジア制覇へ向けて ともに戦おう!
悲願のアジア制覇へ向けて
ともに戦おう!
クラブ史上初の準決勝進出。悲願のアジア制覇、そして2年前に立った"世界の舞台”クラブワールドカップへ戻るため -

残るは、4試合。ともに戦おう!

試合情報
AFCチャンピオンズリーグ2018 準決勝 第1戦 2018.10.3(水)19時キックオフ
鹿島アントラーズ vs 水原三星ブルーウィングス(韓国)
茨城県立カシマサッカースタジアム

準決勝での対戦相手は、韓国の水原三星。グループステージでは同組となり対戦しましたが、第2節のアウェイゲームを2-1と勝利したものの、最終節のホーム・カシマスタジアムでは0-1と完封負けを喫し、首位の座を奪われた相手です。あの悔しさを晴らし、そして決勝へ進むため、カシマでの第1戦は勝利が必須です。皆さん、ともにカシマで戦ってください。よろしくお願いいたします!

水原三星ブルーウィングスとは?
所属リーグ:Kリーグ1(韓国)
ホームタウン:韓国・水原市
クラブ創設:1995年


監督:ソ ジョンウォン
スピードのあるサイドアタッカーとして、90年代、韓国代表として活躍した。1992年、LGチーターズ(安養LGチータース・現FCソウル)でプロキャリアをスタートした後、1998年にRCストラスブール(フランス)へ移籍するなど、ヨーロッパでプレーした最初期の韓国人プレーヤー。その後、水原三星への移籍で韓国復帰するが、2005年、35歳にしてオーストリアのSVアウストリア・ザルツへ移籍し、再びヨーロッパでのプレーを選択する。SVリートへ移籍後、2007年、現役引退し、指導者へ転身。2013年より水原三星で監督を務める。


Kリーグ1随一の人気を誇る水原三星。2002年日韓W杯の際に竣工された水原ワールドカップスタジアムをホームとする。ACLでの優勝はまだないが、前身のアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップをともに2度制しているアジアでも有数の強豪クラブ。質の高い韓国人選手のほか、カシマでのグループステージ最終節で決勝ゴールを決めた元モンテネグロ代表のデヤン ダミヤノヴィッチ、7月に移籍加入した現ボスニアヘルツェゴビナ代表のエルヴィス サリッチなど、計算のできる外国籍選手もそろえている。

大会概要(ノックアウトステージ)
大会 AFCチャンピオンズリーグ2018
大会方式 ■ ノックアウトステージ
グループステージ各グループ上位2チーム(計16チーム)により、ホーム&アウェイ方式のトーナメント戦を行う。
※準決勝までは東西の地区をまたいだ対戦は行われない。
開催日程 ■ ノックアウトステージ
○ラウンド16
第1戦 5月7日(月)・8日(火)・9日(水)
第2戦 5月14日(月)・15日(火)・16日(水)

○準々決勝
第1戦 8月27日(月)・28日(火)・29日(水)
第2戦 9月17日(月)・18日(火)・19日(水)

○準決勝
第1戦 10月1日(月)・2日(火)・3日(水)
第2戦 10月22日(月)・23日(火)・24日(水)

○決勝
第1戦 11月3日(土・祝)
第2戦 11月10日(土)
試合方式(ノックアウトステージ)
ノックアウトステージ
(ホーム&アウェイ)
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。 各回戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。
【1】2試合の得失点差
【2】2試合におけるアウェイゴール数
【3】第2戦終了時に30分間(前後半各15分)の延長戦※延長戦ではアウェイゴールルールは適用されない
【4】PK方式
トーナメント表
2018年9月20日 現在
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.
© 1992 Kashima Antlers FC
© Sony Network Communications Inc.