powered by So-net

アカデミー

沖縄遠征
0622_02_01
 
5月28日~30日の3日間、SPコース3年~6年生を対象に沖縄遠征を実施してきました。
毎年恒例の沖縄遠征ですが、今年も現地の方々とサッカーや沖縄の文化を肌で感じながら交流させて頂きました。
 
0622_02_02 0622_02_03
 
<5月28日スケジュール>
11:00羽田空港集合 →12:50羽田空港出発 →15:10那覇空港到着 →17:00~ミニゲーム大会(那覇市民体育館)  →20:00ホームステイ先移動

遠征初日、鹿島・つくばの2カ所から出発して羽田空港に参加者16名が集合しました。学年は異なりますが、遠征中はチームとして活動するので初めて会う参加者同士で名前を覚えてから飛行機に乗り込みました。機中では初めて飛行機に乗る選手もいましたが窓の外の景色を見て興奮してました。那覇空港に到着して重たい荷物をみんなで協力して運びながら、交流戦会場の那覇市民体育館へ移動しました。会場には、アントラーズの為にたくさんのチームが集まって頂いて温かく迎えてくれました。
試合を前に選手に対してテーマを話しました。日頃トレーニングを行ってきて試合で自分の特徴を出すこと、みんなで協力してチームの為に攻守わたって全力で戦うことを選手に伝えました。交流戦は大会形式として行ってくれまして、選手は優勝を目標に一つ一つの試合に対して選手それぞれの特徴を出してくれました。そして、3・4年生の低学年チーム、5・6年生の高学年共に決勝まで進みまして、高学年は残念ながら準優勝、低学年は優勝することができました。交流戦の中で選手たちはトレーニングで行ってきたことを表現することができましたので手ごたえを感じたようにみえました。

交流戦後は、2泊お世話になるホームステイ先と対面をして各家庭へ移動して初日のスケジュールは終了しました。
 
0622_02_04 0622_02_05
 
<5月29日スケジュール>
10:00ミニゲーム交流戦 →13:00バーベキュー交流会 →15:00ビーチサッカー →17:00ホームステイ先移動

沖縄遠征2日目、朝から終日あいにく雨模様でしたが選手たちは元気いっぱいにミニゲーム交流戦に参加しました。前日のミニゲームから継続して各選手自信をもってプレーしていたことと、さらに仲間と結束していることを感じました。この日も低学年・高学年分かれてのゲームでしたが、自分の試合がないときには同じ遠征仲間を大きい声で応援していて現地の方々にも感心されていたのが印象的でした。また、ホームステイ先の友達や対戦した選手達と多く会話してじゃれあっていてうまくとけこんでいました。
午後はビーチに移動してバーベキューで昼食をとりました。引き続き雨の天候でしたが子供たちはバーベキューに興奮してたくさん食べてました。子供達の為に長時間かけて食材を調理して下さいました保護者の方々には本当に感謝しています。小暮コーチも保護者と一緒に調理させて頂きましたが、食材を焼きながらの会話はホームステイ先のでの参加者の様子を聞いたり沖縄についての話を聞いて笑いありのとても有意義な時間でした。
バーベキュー終了後には、砂浜でビーチサッカーと海水浴をみんなで楽しみました。天候を気にしないほど子供らしく元気に遊んでいました。そして本日も各家庭のホームステイ先へ移動していきました。

 
0622_02_06 0622_02_07
 
<5月30日スケジュール>
9:30国際通り集合 →10:00 →13:00那覇空港出発 →15:30羽田空港到着 →16:30解散

沖縄遠征最終日、あっという間の遠征でしたが最後のプログラムとしてホームステイの家族も参加してのエリア学習を行いました。このエリア学習は、この遠征の手配・準備して頂いて大変お世話になりました坂下FCの長堂さんを中心に様々な沖縄の歴史や方言等をクイズ形式にして子供達だけで国際通りのお土産店の店員さんと会話をして答えを考えるプログラムを行いました。ホームステイ先の保護者が見守りながら子供達中心に店員と積極的に会話して答えを考えながら多くのことを学んでもらいました。最後のプログラムも無事に終了して家族と一緒に那覇空港へ移動しました。
2泊お世話になったホームステイの家族と最後の会話と記念写真を撮りました。本当の家族のように迎えてくれて別れ際に涙流した保護者もいらっしゃいました。参加した子供達も滞在中は感謝の気持ちを持ちながらに家の手伝いや地元の話をいっぱいしたようです。普段は経験できないので人としても大きく成長できたと思います。出発時にはお互いに顔が見えなくなっても手を振り続けて最後の別れをしました。
帰りの飛行機は疲れ切ってみんなぐっすり寝ながら羽田空港に向かいました。羽田空港に到着して解散式を行い、遠征の総評を話しました。今回の参加者は、人を思いやる選手が多く初めての環境に対しても積極的に行動して自ら学ぼうとする姿勢がみれました。現地の人たちと多く会話して人との関わり方や感謝の気持ちを強く感じ取れたと思います。また一つ成長して今後のサッカーや生活に活かされていきます。

最後に遠征をサポートして頂いた多くのみなさんに感謝したいと思います。選手達、スタッフも素晴らしい経験ができました。ありがとうございました。今度は鹿島に来ることを約束しましたのでぜひ遊びに来てほしいです。
 
0622_02_08 0622_02_09
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.