powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ユース >> 中国遠征(4/24)
中国遠征(4/24)
2018年04月25日(水)
朝食後、公園で軽い運動を行いました。その後、ボカジュニアーズ戦に向けミーティングを行い、昼食を取りました。
photo   photo
     
photo   photo

ナイトゲームになるため、レストランで軽食を取り、スタジアムへ移動しました。

現地時間18:00に会場入りし、19:30キックオフで試合がスタートしました。
photo   photo
     
photo   photo

vs ボカ 0-2

先発出場選手
寺門碧生、唐澤航土、黄鑫鹏、玉木麗音、根本健汰、藤井エリキ、木内達也、石津快、石川原憂汰、栗俣翔一、艾菲尔丁

交代出場選手
竹間永和、舟崎歩武、飯塚輝、谷口翔太郎、

主審のホイッスルが鳴り響き、前半キックオフ。

前節のバレンシア戦同様、序盤から相手がボールを保持し、攻め込まれる時間帯が続きます。

前半から、何本ものシュートを浴びましたが寺門のセーブや玉木、唐澤のシュートブロック、またポストにも助けられ、0-0の時間帯が続きます。

しかし、前半アディショナルタイム自陣左サイドの深い位置でのスローインから相手10番がボールを受け、ドリブルからのクロスが、直接ゴールに吸い込まれ不運な形で失点。そのまま前半が終了しました。
photo   photo
     
photo   photo

後半は、交代選手を2人を開始から投入しました。

今大会初出場のフレッシュな選手でチームの起爆剤になるべくピッチへ入りました。

後半も攻め込まれるシーンが目立ちましたが、全員で体を張った守備でゴールを許しません。

後半41分、栗俣のドリブルから石川原がゴール前でボールを受けスルーパス。それに反応した飯塚が相手GKに倒されPKにも思えたシーンはノーファールの判定。

そのまま後半アディショナルタイムへ突入。

右サイドをドリブルで突破されクロスから中で合わされ失点。

前後半共にアディショナルタイムでの失点に泣き0-2で試合終了。
photo

試合終了後、バスに乗り込むと、現地の観客の方から拍手をいただきました。

明日は、トレーニングを予定しており、あさって、現地時間15:00広州恒大との予選リーグ最終戦になります。

© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.