powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ユース >> 香港遠征(5/27)
香港遠征(5/27)
2017年05月28日(日)
HKFC CITI SOCCER SEVENS大会がスタート致しました。

競技人数は7人制サッカーで、フィールドは縦90m横55m、選手登録は10名を登録し交代枠は3名です。試合時間は7分ー1分ー7分で試合が行われます。
決勝トーナメントでは10分ー2分ー10分となり、下位トーナメントは予選と同じで7分ー1分ー7分の時間で闘います。(延長は、4人制で行い、試合時間は4分間のゴールデンゴール方式、それでも決着がつかない場合は、PK方式で勝者を決定します)

アントラーズユースチームの初戦は、MAIN大会の開幕戦でした。対戦相手は、ウェリントンチームで結果は、0-1で全く良いプレーを出せず、敗れました。続く第2戦は、レスターシティーとの対戦で、これまた残念ながら0-2で完敗しました。第3戦は、予選突破の可能性を残しながら闘いましたが、1-1 の引き分けに終わりました。
予選での成績は、1分け2敗 勝点1でBグループの最下位で終了しました。明日は下位トーナメントに回ります。

下位トーナメント初戦の相手は、香港のアマチュアチームで、 Yau Yee League Select との試合で、9時54分のキックオフとなります。勝てば下位トーナメントの準決勝・決勝と進みます。

ウェリントンフェニックス戦 9時35分キックオフ
先発:GK:松崎 FP:根本・藤井・高橋・栗俣・氏原・屋木

ウォーミングアップからしっかりと準備をしましたが、ゲームが始まると試合の雰囲気に飲み込まれたのか全くの積極的なプレーが見られず、相手に圧倒されたゲームになりました。
前半を0-1で折り返し、後半途中には、藤井に代わって常世田を投入しますが、流れを全く変えられず後半は、氏原のシュートと栗俣のシュートとチャンスは2回ありましたが、ゴールを決められず、0-1で敗戦となりました。
photo   photo
     
photo   photo


レスターシティー戦 11時35分キックオフ
先発メンバー:GK:松崎 FP:藤井・根本・氏原・栗俣・高橋・玉木
相手メンバーは若手主体ですが、トップに絡む数名のメンバーがいました。
スピード・パワーに勝る相手に食らい付き、積極的にプレーする姿勢は感じました。残念ですが、前半0-1、後半0-1と2失点しましたが、気持ちも少し入り内容も初戦より少し良くなりました。後半から栗俣に代わって中川を投入。個の力で局面を打開できる選手が多くいました。
photo   photo
     
photo   photo

HKFC CAPTAINS SELECT戦 12時41分キックオフ
先発メンバー:GK:松崎 FP:根本・藤井・中川・高橋・屋木・常世田
第3戦の相手は、地元香港のクラブチームとの対戦で、他力ではありましたが、得失の差で予選を突破できる可能性が残っていました。
前半から積極的な守備を意識して、前からのプレスで相手の良さを出させないプレーを展開し、0-0で終了しました。
後半から藤井に代えて玉木を入れ、前線で少しボールが納まる様になりチャンスが増えました。先制点は、GKボールをカットしての常世田のゴールでした。今大会アントラーズの初ゴール。勢いを消さないように、選手交代で狙いを代えて挑みました。後半3分屋木に変え栗俣。交代直後の後半4分、栗俣がGKとの1対1を外し追加点を奪えず、逆に個人の仕掛けからシュートを決められ、1-1のドローで終わりました。残念ながら1勝もできず、予選リーグを終了してしまいました。

photo   photo
     
photo   photo
 
午後は、大会関係者の依頼で在港の日本人サッカークラブに所属する子供たちを対象にサッカー教室を行いました。
幼稚園生から中学生まで、約100の子供たちが参加しました。ユースの選手たちも積極的に参加し、少しの気分転換を致しました。最後は全員で記念写真を撮りました。

photo   photo
     
photo   photo

スクールは、アイスブレイクに始まり、最後はミニゲームで終了しました。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.