powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ユース >> ユース:スペイン遠征(3/13)
ユース:スペイン遠征(3/13)
2014年03月14日(金)
午前中はスペイン2部リーグに所属するバダロナのトップチームとトレーニングマッチを行いました。バダロナは歴史のある町クラブで、グラウンド、スタッフ、選手のどれもがあたたかみがありました。

photo   photo


前半は、ボールを動かされながらも球際で競り勝つ回数を増やしながら攻撃に転じますが、前線でなかなか起点を作ることができず、守備の時間が長くなり苦しい時間が続きました。しかし、相手のシュートミスなどの幸運も重なり0-0で折り返します。

後半になると相手のボールの動きに対応することができなくなり、次第にサイドから崩され始めます。先制のミドルシュートを皮切りに4失点で0-4で敗戦となりました。苦しい時間帯での意思の統一や奪ったボールを大切にする重要性などを学んだようです。

photo

午後はRCDエスパニョールとのトレーニングマッチを行いました。

photo

前半から両者激しくぶつかり合いながらゲームがヒートアップしていきます。なかなかチャンスを作り出すことができませんでしたが、集中を切らさずに試合を進めます。

後半に入ると球際の激しさが増してファウルの数も多くなりました。我慢の時間が続きましたが、途中交代の垣田が決めて1-0。その後セットプレーから再び垣田。その数分後に再度垣田がディフェンスラインの裏へ抜け出しPKを獲得。これを鈴木優磨が決めて3-0。終了間際に1点を奪われましたが3-1で勝利しました。

photo
出場選手
山田、寺門、吉野、野原、竹之内、永井、大橋、内田、鈴木(優)、鈴木(藍)、美細津、隈元、町田、戸田、仲田、大里、垣田、宮本、千葉、田中、平戸、色摩、武田、吉岡


~番外編~

エスパニョールのスクールの様子です。子供が元気なのは世界共通でした。

photo

本日の最後は、エスパニョール戦で3得点に絡んだ垣田のいただきますの挨拶です。

photo

スペインでの生活も折り返しを迎えました。残りの生活がさらに有意義なものとなるようにしていきたいと思います。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.