本日のスケジュール メディア情報  Internet 「web Sportiva」ジーコTD
powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ジュニア >> 中国遠征(7/16)
中国遠征(7/16)
2018年07月17日(火)
滞在先のホテルは、少し高地にあることから、毎朝、霧に覆われます。

起床後、散歩と体操を行ってから朝食をとりました。
photo   photo

午前中は、ホテルのすぐ裏にあるグラウンドで9時から軽めのトレーニングを 約1時間行いました。
photo   photo
     
photo   photo

昼食後、試合前のミーティングを行ってからホテルを出発しました。試合のメンバーは、会場で発表しました。
photo   photo

大会の2日目の対戦相手は、広東省・深圳市にある深圳サンデースプリングU12。
前半 1-0
後半 2-0
合計 3-0

得点者:木内選手・豊島選手・三浦選手

先発 GK:仲居大樹選手・DF:佃 孝太選手・三好偉月選手・新堀温人選手・佐藤海宏選手・MF:荒川竜之介選手・佐々木颯太選手・伊藤稜希選手・大槻悠人選手・FW:木内篤志選手・宮崎暖人選手

SUBメンバー:GK:黒澤奨永選手・FP:金田琉汰選手(途中出場)・豊島夢希選手(途中出場)・宮澤優大選手(途中出場)・三浦直人選手(途中出場)・朝比奈叶和選手(途中出場)・殿岡諒大選手
photo   photo
     
photo   photo

対戦チームは、日本とは学年の扱いが違うため、早生まれが多いのか体格の良い選手が数名いました。
photo   photo

16時キックオフで試合がスタートしました。
photo   photo

立ち上がりの2分に前線からのプレッシャーからボールを奪って、最後は木内選手が見事なゴールを決め先制しました。

その後も前からプレスをかけ、ボールを奪いチャンスを作りましたが、徐々に相手も落ち着いてボールを繋ぎだしリズムを作られました。

引水タイムを挟んで行われた前半は、1-0でリードして終わりました。
photo   photo
     
photo   photo
     
photo   photo

後半は、前半同様に流れは変わらず、ミスから苦しい展開が続いていました。しかし選手交代で入った選手たちが前からプレッシャーを掛け、相手のミスが生まれる状況を作り出し、チャンスを広げました。

その中、後半20分に豊島選手が自ら獲得したPKを冷静に決めリードを広げることに成功し、更に後半32分、途中出場の三浦選手の見事なドリブルシュートが決まり試合を決定付けました。

交代で入った選手の活躍が光り、2連勝しました。
photo   photo

試合に出場することが出来なかった選手もトレーニングして明日以降の準備をしました。
photo

ホテルに戻り、夕食をとり、簡単にミーティングを行い3日目の活動を終了しました。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.