本日のスケジュール メディア情報  Internet 「BEST T!MES 」金崎選手
powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ジュニア >> スペイン遠征(4/10)
スペイン遠征(4/10)
2017年04月13日(木)
今日から、鹿島ジュニアの予選リーグがスタートしました。
昨日と同じく晴天に恵まれ、選手たちには少し暑いくらいの気温になりました。
会場は、Salou人工芝Gでホテルから2kmくらいの場所にあります。
予選のグループリーグは5チームで構成され、アントラーズはNido Aguila USA(アメリカ)、EFB UD Salou(スペイン)、
Gimnastic de Manrese CF(スペイン)、Botafogo FR(ブラジル)と戦います。
試合は7人制で、試合時間は25分ハーフ、ピッチサイズは約68m×40mです。
photo   photo   photo

予選1試合目は10:00からアメリカのNido Aguila USAと対戦しました。
初戦ということもあり、硬い立ち上がりでしたが徐々に緊張がほぐれ、激しい戦いができました。しかし相手チームの7番を抑えることができずリズムに乗れません。試合を優位に進めましたがミスも重なり大事な初戦を勝利することができましでした。

鹿島アントラーズジュニア 1-3 Nido Aguila USA
先発出場選手:柴垣翔太、伊藤翼、額賀啓太、関根宏人、向原悠太、高橋晃清、太田瑠飛
交代出場選手:高塚主雷、根本大生
得点選手:向原悠太

小谷野監督コメント
「開始5分でスローインからの失点が痛かった。その後は得点チャンスを何度もつくったが、決め切れなかったことが敗戦につながった。後半にもスローインから2失点していては試合に勝てない。同じミスをしないように修正していきたい」

photo   photo   photo   photo

予選2試合目は15:00からスペインの地元のチームEFB UD Salouと対戦しました。
地元なので保護者からかなり熱い声援があり、緊張感のある試合となりました。
試合開始から激しいプレスで相手ゴール前まで襲い掛かりますが、なかなか得点できません。
前半13分に伊藤のクロスから太田が決め待望の先制点を奪うと、そこからは次々とゴールを決め勝つことができました。

鹿島アントラーズジュニア 5-1 EFB UD Salou
先発出場選手:柴垣翔太、伊藤翼、額賀啓太、関根宏人、向原悠太、高橋晃清、高塚主雷
交代出場選手:太田瑠飛、根本大生、大島圭翔、真砂空翔
得点選手:太田瑠飛、高橋晃清、額賀啓太、向原悠太2

小谷野監督コメント
「負けたら次がない試合。1試合目のプレーを引きずり、なかなか流れに乗れなかったが、1点目をとってから積極的にプレーでき、得点を重ねられてのは良かった。ただ、もっと得点をとることができたし、パスミスなど多かったので修正していきたい」

photo   photo   photo
         
photo   photo   photo

明日は予選3試合目をGimnastic de Manrese CF(スペイン)、4試合目をBotafogo FR(ブラジル)とCambrils会場で戦います。
2チームともに強豪ですが、予選リーグ突破を目指して戦います。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.