powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ジュニア >> イタリア遠征(8/28)
イタリア遠征(8/28)
2016年08月29日(月)
つくばジュニアのイタリア遠征も5日目を迎え、大会最終日となりました。本日は、順位決定戦が行われ、アントラーズは、9位~10位決定戦でスウェーデンのクラブチームであるMALMO FFと15:15キックオフで対戦しました。

起床後、散歩、体操という流れは変わりません。いつもの散歩コースにバス停があり、地元クラブ選手が保護者とバスを待っていました。先方からの要望で記念写真を撮りました。
photo   photo

昼食の後、今回の遠征に協力していただいた関係者に、感謝の気持ちを込めてユニホームを送りました。ユニホームには、日本語で感謝の言葉と名前を記入しました。
photo

大会最終日の順位決定戦は、15:15から行われるため、ホテルを14:00に出発しました。
photo

先発メンバーGK:佐々木、DF:笹原、千葉、長塚、松田、MF:大山、武沢、鈴木、佐藤、海老原、FW:植田
順位決定戦は、15分ハーフで行いました。

今日は試合への入りが悪く、動き自体も重くて、守備の連動性に欠ける戦いになりました。マークの確認が遅れ、寄せが甘くなったところをミドルシュートで決められ先制されました。前半は修正が出来ずこのまま終了。
ハーフタイムには、木村監督から厳しい指摘と指示があり選手の奮起を促していました。
後半もパスを繋いで攻撃の形を作りますが、相手ディフェンスを崩す効果的な展開が出来ず、シュートに持ち込むことがなかなか出来ませんでした。 何度かあったセットプレーにも精彩を欠きました。選手の交代が自由に行えるため、丸山・小倉・大内・石本各選手を積極的に投入しましたが、なかなかリズムを変えられませんでした。後半も無得点で終わり、0-1で敗れました。
この結果、順位は10位で今大会を終了しました。
photo   photo

15分ハーフではあっという間に試合が終了しますので、立ち上がりが大事になりますが、受けて入りそのまま修正できず、残念な結果になってしまいました。

試合終了後は、大会主催者から監督と選手に対して、テレビのインタビューがありました。
photo

試合後は、いったんホテルに戻り、軽く食事をしてからスタジアムへ向かいました。3位決定戦のACミラン対トリノ、優勝決定戦のインテル対アタランタの試合観戦をしました。スタジアムは満員の状態で試合を迎えました。両試合とも12歳の試合と思えないほど、迫力と気迫がありスピードとテクニックを兼ね備えた選手たちが闘っていました。3位決定戦はPK戦の末トリノが勝利。決勝は延長までもつれ、2-1でインテルが優勝しました。

閉会式では全員が表彰台に上り、表彰されました。記念にアントラーズのユニホームを主催者に送りました。
photo

ホテルではインテルと同宿でしたが、試合前ということもあり、選手同士でなかなかコミニュケーションが取れませんでしが、閉会式では、自分から積極的に話しかけ、写真を撮ったり握手や挨拶も行っていました。特に人気者は小倉選手で、写真をせがまれていました。
photo
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.