本日のスケジュール メディア情報  Tv ACL グループステージ第6節 鹿島 vs 山東(19:00)日テレNEWS24
powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ジュニア >> 第39回全日本少年サッカー大会5日目
第39回全日本少年サッカー大会5日目
2015年12月29日(火)
photo
全日本少年サッカー決勝戦は埼玉代表の「レジスタFC」との対戦となりました。「レジスタFC」は、優勝候補と大会前言われていたチームです。前半、試合の入り方が良かった鹿島ジュニアは、前線からボールを奪って相手陣内に攻め込みました。しかしシュートの形までは持って行く事が出来ません。
徐々に相手のペースになりますが、右クロスからフリーでシュートを打たれた場面では相手のシュートミスもあり、ピンチをしのいで0-0で前半を終えました。
photo   photo

photo   photo

後半も前半と同じ様な展開で、アントラーズペースで進みます。アントラーズはFKのチャンスから攻め込みますが岩間のヘディングュートは左に外れます。ところが後半も残り僅かの16分、相手のFKを縦に入れられると、ダイレクトでシュートを決められ先制されます。アディショナルタイムにFKでチャンスを作りましたが、終了直前に2失点目を喫しました。
photo   photo


photo

photo

小谷野監督
「試合の入り方は良く、最初はうちのペースだった。そこで点を取ることができなかった。後半もリズムを作っている時間帯でのミスで、相手のペースになってしまった。非常にもったいない試合だったと思う。予選リーグは堅さもあって、点も取れず内容も良くなかった。決勝トーナメントに入ってからは、自分たちの良さが出たと思う。優勝を目標にはしていたが、正直、ここまで来れると思わなかった。ただ、ここで終わりではないので、この悔しさを忘れないで欲しい」
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.