powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ジュニア >> 第39回全日本少年サッカー大会4日目
第39回全日本少年サッカー大会4日目
2015年12月28日(月)
本日は鴨池陸上競技場・鴨池補助競技場にて、準々決勝と準決勝が行われました。

準々決勝は山梨県代表「Uスポーツクラブ」と対戦しました。
序盤から持ち前の早い寄せでリズムをつかみ、前半2分に右サイドの山口のFKを中央で岩間があわせ、先制しました。その後はお互いにチャンスをつくりながら決めきれずにいましたが、後半4分に左CKを宮内が中央へあげると、小出が頭で合わせて待望の追加点を奪いました。そしてDF、GKが集中したデフェンスをみせ、2対0で勝利をして準決勝進出を決めました。

photo   photo

photo   photo

準決勝は石川県代表「符津SS」との対戦となりました。
いつものように集中した入りで、ボールを支配して何度か攻め込みますが、なかなかゴールを奪えません。しかし前半11分に右サイドでボールを回し、伊藤が中央でボールを受けると一人かわしてミドルシュートを放ち、そのボールがそのままゴールにすいこまれ、先制点を奪いました。後半に入り、積極的に仕掛けてくる相手に、右サイドでミスからボールを奪われ、中央に侵入されたところで相手を倒してしまい、PKを与えてしまいました。そしてそれを決められ、同点に追いつかれました。ただここまで1点差ゲームで勝利をつかんでいることもあり、アントラーズは落ち着いて試合を進めます。すると右サイドで相手ボールを奪った大輪が、自ら持込みそのままゴールを決め、アントラーズは2対1で勝利して決勝進出を決めました。

photo   photo

photo   photo/td>

photo

小谷野監督コメント
『準々決勝では相手のGKも良いので、難しい試合になると思っていた。しっかり守備をしていればセットプレーでチャンスがあるかなと思っていたが、前半も後半も良い時間帯でゴールを奪えて良かった。準決勝は入り方が良くゴールも奪えたが、自分たちのミスから失点をしてしまい、一時流れが悪い時間帯もあったが、そこもしっかり堪え切れたのが良かった。明日は決勝だが、ここまできたら全員で戦って勝って終わりたい』

明日は3年ぶりの優勝を目指して、埼玉代表「レジスタFC」と対戦します。

© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.