powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ジュニア >> バーモントカップ第23回全日本少年フットサル大会3日目
バーモントカップ第23回全日本少年フットサル大会3日目
2014年01月21日(火)
バーモントカップ 第23回全日本少年フットサル大会3日目は決勝トーナメント準々決勝・準決勝・決勝が行われました。

準々決勝の相手は千葉県代表「マルバfc千葉U-12」フットサルを専門にしているクラブらしく、しっかりした守備でのぞんできました。
アントラーズはボールを支配しながら徐々にリズムをつかむと根本健汰のゴールで先制し、その後もチャンスを生かしてリードをひろげ、前半を4対0で折り返しました。
後半は相手もリズムをとりもどしドリブルから攻撃を仕掛け、2点を失いますが、その後は体を張った守備で失点を防ぎ4対2で勝利して、3年連続のベスト4に進出しました。
photo

photo   photo

準決勝の相手は新潟県代表の「ヴェールメリオ」との対戦となりました。相手は個人技術もしっかりしていて、身長も高い選手もいて、接戦が予想されましたが、前半から確実にチャンスを生かし8点を奪いました。
後半は相手も自分たちの良さを出しながら反撃し、4失点を許してしまいましたが最終的に9対6での勝利し2年連続の決勝進出なりました。
photo

photo

photo

photo   photo


photo

photo

決勝の相手は埼玉県代表「江南南サッカー少年団」BGMでの入場からの雰囲気のある決勝戦となりました。
photo

序盤から相手の特徴である鋭いプレッシャーになかなかリズムをつくれず、立て続けに失点を許すと生井澤のゴールで1点を返すものの前半を1対4で折り返しました。後半は相手のプレッシャーにも慣れて、徐々に自分たちのリズムをつくりますが、相手GKの好守もあり得点を奪えず、そのまま1対4での敗戦となりました。

最終日には鹿島ジュニアユースの選手が応援にかけつけてくれ、カシマスタジアムさながらの声援でコートで戦う選手を鼓舞してくれました。
応援ほんとにありがとうございました。
photo

今大会中応援いただいた関係者のみなさま、大会運営関係者の皆様ほんとにありがとうございました。
また優勝しましたしました江南南の選手のみなさま・スタッフのみなさま、大会前からトレーニングマッチなどで切磋琢磨させていただきました。優勝おめでとうございます。

昨年の優勝につぐフットサル全国大会2連覇はなりませんでしたが選手はこの大会を通じて大きく成長しました。
この経験を次のステップに生かして欲しいと思います。

小谷野監督コメント
前回大会に続き優勝を目標に大会に臨みました。初戦から練習をしてきたことを発揮でき、試合重ねるごとにチームとしても個人としても成長を感じるプレーも多く出ていたと思います。最終日は、JYの選手も応援に駆けつけてくれ大声援を送ってもらい大きな力になりました。決勝の江南南戦では、相手の早い寄せに慌ててしまい、ほとんど何もできず決勝に敗れ準優勝に終わりました。目標の優勝には、届かず、まだまだ気持ちの部分の甘さ、1対1の弱さなど多くの課題が残りましたが、フットサルを通じて成長できたことも多いので今後、フットサルで得たことをサッカーにも活かしていってほしいと思います。ご声援ありがとうございました。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.