powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> ジュニア >> バーモントカップ第23回全日本少年フットサル大会1日目
バーモントカップ第23回全日本少年フットサル大会1日目
2014年01月04日(土)
バーモントカップ 第23回全日本少年フットサル大会が1月4日(土)に開幕し、1月6日(月)まで三日間にわたって駒沢オリンピック公園総合運動体育館で白熱した戦いが繰り広げられます。
今大会には、都道府県予選を勝ち抜いた47チームと前年度の予選参加チーム数が最も多かった北海道から1チーム、計48チームが参加。4チームずつ12グループに分けてリーグ戦(1次ラウンド)を行い、各グループ1位のチームと2位のうち成績上位4チームがノックアウト方式の決勝トーナメントに進出し、小学生年代フットサル日本一の座を目指します。
photo

photo

photo

茨城県代表として出場する鹿島ジュニアチームは昨年のこの大会で優勝し今回はデフェンディングチャンピオンとして本大会にのぞみました。

初戦は山形県代表「酒田FC」対戦し、初戦の硬さが見えましたが開始2分に栗俣翔一のゴールでリズムをつかむと、根本健汰のゴールで突き放しますがカウンターから失点をゆるします。
しかしあわてることなく、自分たちのリズムで試合を進め、生井澤呼範の連続ゴールで突き放すとその後もゴールを重ね9対2で勝利し初戦を飾りました。
photo

photo

photo

2試合目は富山県代表の「大久保少年サッカークラブ」と対戦し、相手も初戦を勝利した勢いのままのゲーム内容で生井澤のゴールで先制するもすぐに同点に追いつかれました。
しかし、ボールをしっかりキープしながらゴールを目指し、決定機をしっかり得点につなげ、12対1での勝利となりました。
photo

photo

明日はベスト16をかけた予選リーグの残り1試合と、勝ち残ればトーナメント1回戦(ラウンド16)が行われます。
photo
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.