powered by So-net

アカデミーレポート

中国遠征(8/17)
2017年08月18日(金)
遠征3日目は、起床後に散歩、体操を行いました。昨日と違って、非常にいい天気になりました。朝食を済ませ、10:00よりミーティングを行いました。昨日の試合の振り返りと反省点について、確認しました。ビデオ映像を使って分析し、今日やるべきことを整理して試合に臨むことを確認しました。

photo

ミーティング後、昼食をとり、各人が試合の準備に入りました。そして、再び試合前のミーティングを行いました。

photo

Suning Cup International Youth Football Tournament 予選リーグ2日目
対 Jiangsu SuningFC(地元中国南京のクラブチーム)16:00キックオフ
前半 2-0 後半 0-1 合計 2-1
得点者:菊池選手、関口選手
本日の試合の先発メンバー
GK:佐藤大地選手、DF:高橋選手(ユース)・大津選手・菅谷選手・中川選手(ユース)、MF:飯田選手・藤井選手(ユース)・菊池選手・佐藤勇信選手・関口選手、FW:柴田選手となりました。昨日の試合から5人のメンバーを入れ替えて試合をスタート致しました。
試合開始前の気温は40℃を超えていましたが、開始直後から曇り空に代わり気温も下がりました。

photo   photo

試合は、相手の浅いデフェンスラインの背後を狙って、タイミングよく裏へ飛び出しチャンスを作りました。
先制点は、前半10分、相手CKからのカウンター攻撃で、関口選手から菊池選手へ見事なスルーパスから冷静にGKを見てゴールを決めました。

その後は、一進一退の攻防が続きました。前半38分右サイドの菊池選手から柴田選手へスルーパスが通り、右からのクロスボールを関口選手がコントロールして素早く左足を振り抜き、逆サイドへ見事なシュートを決め、追加点を挙げました。

photo   photo
     
photo   photo

後半は、相手もメンバーを代え、スタートから圧力をかけて来ました。相手の勢いに押され、クロスボールのクリアミスを突かれ、ミドルシュートで1点を返されました。
相手の猛攻は続きましたが、メンバーやシステムを代えながら、守備を徹底して闘いました。レフリーの判定にも屈せず、最後まで体を張り、集中力を維持出来ました。

試合を終えても次の戦いに向け準備に入りました。試合出場の無い選手や出場時間の短い選手のトレーニングを行いました。

photo

試合後、夕食を摂り本日の活動を終了しました。
明日の予定は、休息日になっており、午前中にトレーニング、午後は大会の主催者の案内で、観光を少し行う予定です。

予選リーグAグループ順位
① Anderlecht(ベルギー)2勝 勝点6(得失8)
② Kashima Antlers 1勝1敗 勝点3(得失-2)
③ 1.FC Koln(ドイツ) 1勝1敗 勝点3(得失-3)
④ SuningFC(中国) 2敗 勝点0(得失-3)

最終戦は、19日(土)14:00 vs1.FCケルンとの対戦になります。直接対決で上位を目指します。
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.