powered by So-net

アカデミーレポート

トップ >> アカデミーレポート >> スクール >> 2013NIKEアントラーズCUP U-9
2013NIKEアントラーズCUP U-9
2014年01月21日(火)
12月22日・23日に神栖市にてNIKEANTLERSCUPU-9大会を開催致しました。
関東のチーム強豪チームをはじめ東北、北信越の合計24チームでの開催となりました。この年代(3年生)での拮抗した大会は少なく、どの試合でもレベルの高いゲームが展開されました。

【表彰式】
photo
優勝 バディーSC
プレゼンター 鹿島アントラーズFCクリニック・ジュニアチーフ 堀之内 寛

photo
準優勝 レジスタSC
プレゼンター 鹿島アントラーズFCジュニア監督 小谷野 稔弘

photo
3位 鹿島アントラーズFC・戸塚フットボールクラブジュニア
プレゼンター 新座片山FC少年団 浅見監督

【個人賞】
photo
ベストGK バディーSC 山田選手
プレゼンター あざみ野FC 林監督

photo
ベストDF バディーSC 伊藤選手
プレゼンター 公益財団法人 茨城県サッカー協会 審判委員会 宮内様

photo
ベストMF レジスタFC 羽立選手
プレゼンター レジスタFC 藤屋監督

photo
ベストFW バディーSC 野澤選手
プレゼンター 戸塚フットボールクラブジュニア 清野監督

photo
監督賞 バディーSC 佐野監督
プレゼンター 1FC川越水上公園 池田監督

【コメント】
■決勝戦コメント
今回の決勝戦は昨年と同じバディーSC対レジスタFCの決勝となりました。
試合前レジスタFCは、昨年のリベンジをはたす為ウォーミングアップから声を出し合い良い雰囲気で試合に入り、対するバディーSCは、選手のポディションの確認をするなど両チーム対照的な試合前の雰囲気でした。今大会の参加チームや決勝進出チームの保護者方に見守られ、盛大なセレモニーとともにキック!!
試合展開はお互いの持ち味を出しつつ一進一退の展開、そして前半8分試合が動きます。右サイドから中央へパスを受けたバディーSC野崎がゴール左隅に流し込み1-0。このゴールからお互いのゴール合戦となります。後半7分レジスタFC、左サイドをドリブル突破し中央へセンターリング、ゴール前混戦の中、シュートしゴールで1-1。そして9分に立て続けにレジスタFC追加点で1-2。そのまましばらくの間、互いにチャンスを作るもゴールにならず試合が動きませんでした。そして12分バディーSCがパスをつなぎながら中央からのミドルシュートが決まり2-2同点。このまま延長戦に入るかと思われたが14分に右サイドからのセンターリングを中央で、先制点を決めたバディーSC野崎が頭で合わせ3-2逆転、そのまま試合の終了のホイッスル!!2大会連続優勝が決定しました。

■主催者コメント
今年も予選リーグからすべてのチームがハイレベルな試合展開でどこのチームが優勝してもおかしくない内容でした。その中でもファイナルに進んだ【バディーSC】【レジスタFC】の両チームは素晴らしいチームでした。NIKEANTLERSCUPは年々レベルが上がってきており、運営している我々主催者側も一試合一試合に驚きが多くあり楽しませてもらっています。今後もお互いが拮抗した試合が出来るようにしていきたいと思いますので、今後ともご協力して頂ければと思います。

■鹿島アントラーズFC【監督】小薗江監督
今回クリニックスペシャルコースの鹿島・神栖校の選手で参加しました。
この大会に向けて『良い準備を』という思いで、大会前に練習ゲームをしチーム力を上げて大会に挑みました。試合でも選手がお互いに声をかけ合い、連携をとりながらプレーし、チーム一丸となって強豪チームとの勝負を戦いぬくことができました。
その選手全員の頑張りが3位という結果に結びついたと思います。しかし、まだ優勝したバディーやその他の強豪チームとの差は大きいと選手、私自身も感じました。
ここで感じた差を選手たちが今後、どう縮め、追い越せるかを楽しみにしています。

■鹿島アントラーズFCつくば【監督】小暮監督
今回の大会にはつくば校強化コース11名のチーム編成で大会に参加しました。
日頃トレーニングで行ってきた仲間と協力し、各選手の特徴をゲームの中で表現
することができました。
残念ながら上位進出はなりませんでしたが、県外強豪チームの選手と交流を通じ
てサッカー選手として成長のきっかけになった大会になりました。2014NIKEアントラーズCUPU-10で成長した姿を見せれるように、今後のトレーニングに励んでいきたいと思い ます。

■鹿島アントラーズFCノルテ【監督】笹目監督
日立・つくば・鹿島のスペシャルコース所属の選手達12名で大会に参加しました。
練習会を通じて各エリアの選手達も1つのチームとして戦う仲間意識も出てきて試合でも選手1人1人が戦う気持ちを持って相手に向かっていたと思います。 強い相手と戦う事で、選手達は成長するきっかけとなったと思いますし、 今後は明確な目標を持ちトレーニングを行い成長していってもらいたいと思います。

【参加チーム写真】

photo
NEOS

photo
リトルジャンボサッカークラブ伊勢崎

photo
中丸サッカースポーツ少年団

photo
レッドクローバーSC

photo
バディーSC

photo
あざみ野FC

photo
Athletic Club 引前

photo
コスモSC川越

photo
TEAMリフレサッカークラブ

photo
鹿島アントラーズFC

photo
東京ヴェルディサッカースクール

photo
新座片山FC少年団

photo
1FC川越水上公園

photo
江南南サッカー少年

photo
中丸サッカースポーツ少年団

photo
星稜ジュニアサッカークラブ

photo
戸塚フットボールクラブジュニア

photo
鹿島アントラーズFCノルテ

photo
NPO FCパーシモン

photo
ともぞうSC

photo
TEAM リフレサッカークラブ

photo
Uスポーツクラブ

photo
EC FUJIMINO

photo
レジスタFC
© 1992 Kashima Antlers FC All Rights Reserved.
© Sony Network Communications Inc. All Rights Reserved.